サッカリン通りにあって、思い切り観光客向けのレストランなのだけど、写真付きのメニューは分かりやすく、そして食べやすい。

ラオス料理を楽しむには、もっとも無難なレストランのひとつ。ラオス料理を一度くらい食べてみたいなっていうなら、ここがいいんじゃないかなと思う。

店内は、結構広くてテラス席もあるのだけど、らくちんなのは店内。エアコン効いているし。

Garden Restaurant料理が出てくるまではそれなりに時間かかるので、ビールとかすぐに出てきそうなものをつまみながらのんびり待つのがおすすめ。

ラオス料理で食べておきたいのは、ラーブとソーセージかなあ。ラーブは牛肉がいい。前にきたときはちゃんとミディアムレアな感じの牛肉とハーブが混ざり合って出てきて感動的に美味しかったのだが、今回はしっかり火が通ってきたものが出てきて安心はできたが、美味しさは半減。

ラーブ
ラーブ
ソーセージ
ソーセージ

ソーセージに関してはタイ東北部イサーン地方の料理につながる感じのもので、これは美味しい。肉感があって好きなんだよなあ。ラーブはミントなどの清涼感あるハーブと一緒に食べると爽やかな風味が口に広がって幸せ。

ラオス料理はタイ料理ほどの激しさもなく、ベトナム料理ほどの洗練さもないけれど、その中道ならではなのよさがある。日本人の口にもあうものなので、試してみてもらいたい。

Coconut Garden

Related Post

恵比寿焼肉 kintanは「大人の焼肉スタイル」が楽しめる場所... 重量級の焼肉激戦区である恵比寿において、洗練された雰囲気で一線を画している焼肉店。金舌という店名は「kintan」になっただけでちょっと毒気が抜けた感じすらする。 僕としては焼肉はもうがっつり七輪で食べまくればいいじゃんと思っているのだが、たとえばデートとか仕事の会食とかに使うというシチュエー...
デビルクラフト(神田) – 本場のシカゴピザを食べる... 友人から「本物のシカゴピザを食べに行こうぜ」といわれて、シカゴピザがなんなのかも知らずに連れて行ってもらったお店。 場所は神田の下町エリアで、とてもピザ屋があるようにみえないが、店内は外国人が結構いて美味しそうにビールを飲んでいる。1階はカウンターだけで、それ以外にも2~3階まであって、なんと...
Little Cottage Café(ペナン)はインド人がやっているイタリアン... インド人がイタリア料理店をやっていて、パスタ片手にやってきたときには、偏見だとは思うけれど、すごい違和感を感じてしまった。 Foursquareでこのあたりの人気レストランと出ていたので、来てみたところ。たしかに地元の人で賑わっていて僕がはいったあとは満席になってそのあと来たお客さんは断ってい...
東一排骨 – 台湾風カツレツの名店... 排骨とは、豚などのスペアリブで、排骨料理とは豚バラ肉を揚げたものなのだが、ここ東一で食べる排骨料理はカツレツという感じで薄くのばした豚バラの揚げ物だった。これがビールにあってうまい。ごはん付きの排骨飯セットで数百円というところでビールをつけても1000円いかないという割安感。 お店の場所は西門...
フランクフルトのアドルフ・ワグナーでりんご酒を堪能... フランクフルト現代美術館を訪れたあと外に出てみたら、すっかり暗くなっていた。冬のヨーロッパは陽が落ちるのが早い。 猛烈な空腹に見舞われいたので、どこか食べるところがないかなと思ってネットで調べて行ってみたのがアドルフ・ワグナーというレストラン。 年末のクリスマスシーズンだったこともあって...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください