今回のルアンパバン旅で一番の発見だったのは、このカフェを見つけたことだなって思う。フレンチコロニアルな建物は雰囲気あるし、デザートは美味しいし、なにより朝から深夜まで営業時間が長いのがいい。

托鉢をみたあとに朝食をとるのもいいし、夜寝る前に少しここでクールダウンして一日の旅を振り返るのもまたいい。店員さんはみんな洗練されつつも適度な距離感で居心地よく接してくれるし、よく気がつくのがいい。押しつけがましいところもないし、ほどよい感じ。

僕としては店内よりも、道路に面した席やテラスの方が好き。サッカリン通りもここまで奥まで来ると静かなもので、のんびりとしている。通りを行き交う人や僧侶を眺めたり、夜はなんとなく静かな空気を感じたり。

Cafe Ban Vat Sene

コーヒーはポットで出てくるので、たっぷりと楽しめる。ちゃんと丁寧に淹れられているので、しっかりとしみじみ美味しい。ホットコーヒーが美味しいというのは幸せなことだな。

デザートはいろいろあるのだが、タルトがおすすめだと思う。僕はレモンタルトを頼んだのだけど、これはもう絶品。暑い夏の夜にはこの酸味のあるタルトの美味しさが際立つ。このまま、このすばらしい夜が終わらなきゃいいのにって思いたくなるくらい、美味しかったのは旅先でのテンションだけではないはず。

今回泊まった宿からすごく近かったので、何度も行ったのだが夜遅い時間が雰囲気あってよかったなあ。ここへ行くためだけにまたルアンパバンへ行きたいくらい好きなカフェだ。

Cafe Ban Vat SeneCafe Ban Vat SeneCafe Ban Vat Sene

Le Café Ban Vat Sene

Cafe Ban Vat Sene

Related Post

上高地帝国ホテルは泊まらなくても立ち寄る価値がある... 上高地が山岳リゾートになるきっかけはここ上高地帝国ホテルだと思う。昭和8年(1933年)に開業したホテルで、いまは二代目の建物だが深紅の屋根や山小屋のようなつくりが森の風景に似合っている。一般車が入るようなところではないので広い駐車場もなく、こぢんまりとした雰囲気もいいな。 ロビーには巨大なマ...
台北でおすすめの場所、Paper St. Coffee Companyでコーヒー飲んでひとやすみ... 7月の台北はもう真夏の暑さ。迪化街のASW Tea Houseでクラフトビール飲んだり、台湾の紅茶を飲んだりしていたのだけど、崋山1914のあたりを散歩していたらすっかり暑さにやられてしまった。 ということで、ランチタイムまでの時間をつぶす休憩にPaper St. Coffee Company...
ルアンパバン散歩旅 僕にとって旅って散歩の延長みたいなもので、そんな感じでルアンパバンを散歩してきた。 それにしても、僕が朝に家の近所を散歩しているようなとき、ルアンパバンでは僧侶が托鉢をしているのかと思うと、なんだか旅をしてみてよかったなと思う。 ルアンパバンの町の名前は、ほかにも「ルアンパバーン」とか「...
莉莉水果店のフルーツ盛り合わせも台南の定番グルメのひとつ... 台南の定番グルメであるフルーツなのだけど、そのなかでも有名なお店である莉莉水果店。前回の訪問でマンゴーかき氷に感動したのであらためて訪問してきた。雰囲気含めて台南らしいいいお店だ。 前回の訪問:台南で定番、莉莉水果店(Lily Fruits Store)のかき氷 莉莉水果店(Lily Fru...
ハノイのノイバイ空港でSIMカードを購入... SIMカード売り場 トランジットで1日しか滞在しないけれど、あると圧倒的に便利なのでSIMカードを購入。現地でSIMカードを手に入れるようになってから、ガイドブックを買うことがなくなった。 ノイバイ空港でのSIMカードは空港の荷物受け取り過ぎて、出入り口に向かって左側の端にあった。基本...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください