今回のルアンパバン旅で一番の発見だったのは、このカフェを見つけたことだなって思う。フレンチコロニアルな建物は雰囲気あるし、デザートは美味しいし、なにより朝から深夜まで営業時間が長いのがいい。

托鉢をみたあとに朝食をとるのもいいし、夜寝る前に少しここでクールダウンして一日の旅を振り返るのもまたいい。店員さんはみんな洗練されつつも適度な距離感で居心地よく接してくれるし、よく気がつくのがいい。押しつけがましいところもないし、ほどよい感じ。

僕としては店内よりも、道路に面した席やテラスの方が好き。サッカリン通りもここまで奥まで来ると静かなもので、のんびりとしている。通りを行き交う人や僧侶を眺めたり、夜はなんとなく静かな空気を感じたり。

Cafe Ban Vat Sene

コーヒーはポットで出てくるので、たっぷりと楽しめる。ちゃんと丁寧に淹れられているので、しっかりとしみじみ美味しい。ホットコーヒーが美味しいというのは幸せなことだな。

デザートはいろいろあるのだが、タルトがおすすめだと思う。僕はレモンタルトを頼んだのだけど、これはもう絶品。暑い夏の夜にはこの酸味のあるタルトの美味しさが際立つ。このまま、このすばらしい夜が終わらなきゃいいのにって思いたくなるくらい、美味しかったのは旅先でのテンションだけではないはず。

今回泊まった宿からすごく近かったので、何度も行ったのだが夜遅い時間が雰囲気あってよかったなあ。ここへ行くためだけにまたルアンパバンへ行きたいくらい好きなカフェだ。

Cafe Ban Vat SeneCafe Ban Vat SeneCafe Ban Vat Sene

Le Café Ban Vat Sene

Cafe Ban Vat Sene

Related Post

鹿児島空港と空港レストラン、そして「しろくま」を食べる... 鹿児島空港には何度か来ていて、空港にある山形屋のレストランで食事するのが好きなのです。 しかし、今回はちょっと前に「うなぎの尾方」で食事をしてしまっていたこともあり、空港についてからどうしようかなとか思っていたのだけど、デザートがてらに「しろくま」を食べてみることにした。 行ったのは空港...
中山路99(Novantanove)はひと息休める涼しいカフェ... LCCで荷物も少ない旅、台南駅から今回の宿がある正興街までは歩いて行くことにする。しかし、3月に来たときと比べて5月下旬の台南は梅雨が始まるところで蒸し暑さがましている。 中山路を歩いていて、まだホテルにもたどり着いていないけれど、途中にあったカフェひと休みすることにする。中山路99という住所...
谷津の螢明舎でエイジングコーヒーを楽しむ... どうってことない私鉄の郊外の駅からのびる商店街のなかにある喫茶店。わりと古めかしい感じで、薄暗い店内にはマグカップが並んでいる。この昭和感のある喫茶店が意外にもおもしろい。 その昔は近所に住んでいた村上春樹がエッセイに書いたことで有名になったようだけど、そのエッセイがなかったとしても雰囲気がよ...
神楽坂の「la kagu(ラカグ)」は、かなり楽しい... 神楽坂の新潮社のすぐ横に2014年10月10日にできた la kagu へ行ってきた。 場所は神楽坂駅の早稲田寄り出口でてもう目の前というところ。もともとは新潮社の古い書籍倉庫だったところを倉庫の雰囲気を残しつつリノベーションして、ファッションや書籍、イベントスペースやカフェなど複合的なスポッ...
黒岩のマンゴーかき氷はお得で絶品 行天宮近くを訪れることがあれば、ぜひとも立ち寄ってみてもらいたい絶品かき氷カフェ。黒岩という店名はなんだろうと思っていたのだが、行ってみて出てきたかき氷を食べてみて「これは黒糖のことか!」と判明。そして、この黒糖かき氷がいままで食べたことのない風味ですっごい美味しい。 お店は小さいけれども、奥...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください