東南アジアだと、どこの町でもやっている気がするナイトマーケット。毎日やっている夏祭りみたいで好きなのだけど、ここのナイトマーケットはかなり観光よりな感じで地元の人がそぞろ歩きしている感じはない。たぶん、早寝なんだろうな。

夕方くらいになると、王宮前の道が歩行者天国になってちょっとずつテントが張られてお店ができてくる。並べられている商品は市場と同じくタイから輸入されたものが多いけれど、自分たちで作ってもってきているフリーマーケットみたいな掘り出し物もあったりするから面白い。

基本的には観光客向けで雑貨とかお土産ものを売っている。全長1キロ程度だと思うが、同じようなお店が繰り返し続いているので、まあ適当なところで折り返しても後悔はしないと思う。たいしたもの売ってないんだろうなとか思っていると、Ock Pop Tokばりに結構センスがよくてクオリティの高いものがあったりするので見逃せない。

それにしても、このナイトマーケットの特徴があるとすれば静かであることかなって思う。スピーカーから爆音がかかっているわけでもないし、地元の人たちが大騒ぎしているわけでもない。観光客がそぞろ歩きするくらいなので、すごい静か。なんかそれが不思議な感じだなって思ったりする。

ナイトマーケットにて

そして、あまり押しが強くないので、買い物しやすいのもいい。

これがベトナムとかだと腕捕まれたりして面倒だったりするのだが、ラオスではそんなこともなくお客も静かだけど、売り子も静か。そんな控えめさがいい。

ラオスって不思議な国だなあと感じるもののひとつ。この物静かなナイトマーケットを散策するのもいいと思う。

 

保存

Related Post

安平古堡&安平老街の散歩 台南での観光地といえば、安平エリアのことらしい。僕はあまり予備知識なきままに来てしまっていたのだが(帆布バッグがメインだった)、twitterでも教えてもらい来てみることにした。 同記安平豆花でも書いたけれど、台南の市街地からはタクシーでのアクセスが楽でおすすめ。同記安平豆花の二号店に車をつけ...
Tangorはルアンパバンでおしゃれな食事楽しめるレストラン... ルアンパバンの旧市街のメインストリートにあるレストラン。昼は普通のレストラン、夜のバータイムになると雰囲気がいいのでおすすめ。 オーナーはフランス人みたいで、センスのいいインテリアが素敵で、出てくる料理も洗練されている。 セビーチェが美味しいのだけど、オーダーしたらお店の人が「おまえ、こ...
チャトチャック・ウィークエンド・マーケットで週末ショッピング... ラーン・タイランド あまりに定番のショッピングスポットであり、どのガイドブックにも載っているし、僕も何度も行っているのだけど、毎度の週末に買い物へ繰り出してしまうのがウィークエンドマーケット。 泊まっているホテルがあるアソークからはMRTで30分もあれば行けるので、手軽な感じで行くこと...
神農街の散策 前回の台南旅行では、まさかこんなにも盛りだくさんに楽しい街だなんて思いもよらず、短い滞在時間の惜しんで帆布バッグを買ったりしていた。 今回の旅では前回よりかは時間があるので、夜の散歩に出てみることにした。 正興街から徒歩15分くらいのところにあるのは新農街というところ。ここは古い町並みと...
香港の新しい名所は卓球場を改装した隠れ家バー。Ping Pong 129(乒乓城)で過ごす夜。... 香港島の地下鉄が上環から延伸して新しく開発が進んでいる西営盤(サイインプン)のエリア。新しいレストランやカフェ、バーなどが下町っぽいエリアのなかにオープンしてきている。東京でいうと、坂道のある蔵前みたいな感じのエリア。 なかでも抜群に面白かったのは古い卓球場をリノベーションしてオープンしたPi...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください