東南アジアだと、どこの町でもやっている気がするナイトマーケット。毎日やっている夏祭りみたいで好きなのだけど、ここのナイトマーケットはかなり観光よりな感じで地元の人がそぞろ歩きしている感じはない。たぶん、早寝なんだろうな。

夕方くらいになると、王宮前の道が歩行者天国になってちょっとずつテントが張られてお店ができてくる。並べられている商品は市場と同じくタイから輸入されたものが多いけれど、自分たちで作ってもってきているフリーマーケットみたいな掘り出し物もあったりするから面白い。

基本的には観光客向けで雑貨とかお土産ものを売っている。全長1キロ程度だと思うが、同じようなお店が繰り返し続いているので、まあ適当なところで折り返しても後悔はしないと思う。たいしたもの売ってないんだろうなとか思っていると、Ock Pop Tokばりに結構センスがよくてクオリティの高いものがあったりするので見逃せない。

それにしても、このナイトマーケットの特徴があるとすれば静かであることかなって思う。スピーカーから爆音がかかっているわけでもないし、地元の人たちが大騒ぎしているわけでもない。観光客がそぞろ歩きするくらいなので、すごい静か。なんかそれが不思議な感じだなって思ったりする。

ナイトマーケットにて

そして、あまり押しが強くないので、買い物しやすいのもいい。

これがベトナムとかだと腕捕まれたりして面倒だったりするのだが、ラオスではそんなこともなくお客も静かだけど、売り子も静か。そんな控えめさがいい。

ラオスって不思議な国だなあと感じるもののひとつ。この物静かなナイトマーケットを散策するのもいいと思う。

 

保存

Related Post

一保堂茶舗と喫茶室嘉木 煙草以外の合法的な嗜好品にはめっぽう弱い僕なのです。 ということで、嗜好品としての歴史も古いお茶について。台湾のお茶も好きだけれど、日本茶も大好き。 いままでは一保堂のほうじ茶を飲んでいましたが、このお店に併設されている喫茶室嘉木で緑茶のすごさを実感してからは好みが変化した。なにがすごい...
坊主バー (VOWZ BAR)で飲酒しながら仏教を学ぶ... ゴールデンバガンでご飯食べると閉店が22時なので、もう少し飲みに行きたいところ。 ということで、四谷三丁目方面へ少し歩いて荒木町あたりのバーに行ってみることにした。ネーミングにひかれて行ってみたのは坊主バー (VOWZ BAR)というところ。 アクセス 四谷三丁目からは徒歩数分、曙...
帯広に来たら六花亭の本店ははずせない... 札幌でも目についたし、中札内には美しい庭園までつくっているし、北海道を代表する企業だと思う六花亭。本店は帯広にあることを知る。 ホテルから歩いて10分くらいのところ。辛うじて市街地といえるところだが、銀行みたいにすごい立派な建物。扉からして重厚。 店内はわりと広くて、表通りの閑散具合とは...
対潮楼 – 鞆の浦のビューポイントでの絶対的なおすすめ... 鞆の浦に行く前にはほとんど事前の予備知識がなくて訪れて、道に迷って辿りついたところが、ここ福禅寺の対潮楼だった。 拝観料に200円とられるのか・・とあまり乗り気じゃなかったのだが、入ってみて200円払ったことを感謝したくらいの絶景。建物内にある座敷の一角が全て開け放たれていて、そこからみえるミ...
リオデジャネイロ現代建築の見所のひとつ – カテドラル・メトロポリターナをみてきた... リオデジャネイロには大聖堂がふたつあって、古くからあるのはリオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)と呼ばれていて、もうひとつのこちらは1976年に建てられた現代的な大聖堂。 ちょっと古さを感じるモダンアートっぽいデザインは一見奇抜なのだけど、厳かな雰囲気でステンドグラスの美しい直線的なデ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください