旅行者がルアンパバンに来る理由は、ここの町並みが世界遺産に登録されていることと、あとは毎朝の托鉢をみたり体験したりするために来るのだと思う。

この町は、メインストリートである、シー・サワンウォン通りやサッカリン通りを中心に、小さな旧市街のなかに80あまりの寺院があり、多くの僧侶が暮らしている。

毎朝、彼らが托鉢に出る風景がルアンパバンの町並みとともに有名なのだけど、すっかり観光化されているところもあり、メインストリートでは情緒もないただの喧噪のなかで、観光客による僧侶への配給所みたいになっているところもある。

ルアンパバン、朝の托鉢
僧侶から子供への托鉢

僕が面白いなって思ったのは、僧侶がその通りの角を曲がったところで、カゴを抱えている子供たちに托鉢を受けたものをあげているシーン。たぶん、この子供たちはこれをどこかへ持っていって換金して、お菓子代を稼いでいるのだろうが、こういう循環する世の中って面白い。

托鉢の開始時間は、だいたい夜明け前後から7時過ぎくらいまでの間。6時ちょっと前には通りのどこかで托鉢がはじまっている。サッカリン通りでは、托鉢を実際やってみないかと客引きがすごいいて、結構面倒。郊外のホテルに泊まっている観光客はバスに乗ってどんどんやってきて、日帰りツアー客で賑わうビーチみたいになっている。

托鉢ガール

なので、僕としては王宮横の通りとか、サッカリン通りから一本裏通りに入ったところの方が静かでおすすめ。なんといっても、この街は観光客も多いけれど、僧侶も多い。托鉢はありとあらゆるところでみることができる。ピークタイムは6時半過ぎくらいから。

もはやこの時間帯になるとサッカリン通りは渋滞もすごくて近づく気にもならない。これが観光のパワーなのかって実感する。とはいえ、裏通りでは昔ながらの風景。

地元の女性が僧侶とひと言くらいの会話を交わしたりして、テンポよくお米をわけていっている。わんこそばをやっているみたいだ。こういう風景が毎日ここでは繰り返されていて、僕が日本で朝ご飯を食べたりしているときも、こんな静かな風景のなかで托鉢をやっているのかと思うと、不思議な感覚がある。

下におすすめの場所、いまいちなエリアの地図をつけておいたので、参考にしてみてもらいたい。とはいえ、まあ個人の趣向の問題ではあるので、あちこち歩いてみて落ち着けるところを見つけてみてほしい。

托鉢の風景

Related Post

源光庵のふたつの窓「迷いの窓」「悟りの窓」をみてきた... 京都で紅葉となると寺院になることもあり、今回の旅では、ひさびさに寺院をめぐる旅をしている。ここ数年の京都旅では「寺院めぐりなんて修学旅行っぽい」とあまり見てまわらなかったのだが、ひさびさに来てみると新しい発見があったり、思いがけず美しい風景にめぐり会ったりと楽しめるものだなと改めて実感する。 ...
圧巻の風景、三春の滝桜 花見山と同じくらい、福島を代表する桜の風景は三春の滝桜なのではないかと。岐阜の淡墨桜、山梨の神代桜と並び三大巨大桜と呼ばれている。桜の樹に名前がついているというのが古くから愛されてきた何よりの証拠ではないかと思う。 根回りは11メートルを超えた巨木で近くでみると圧倒される。樹齢は100...
幕張の「さくら広場」は本当の意味でのお花見ができる場所... 幕張にある桜だらけのちょっと変わった公園。パナソニックが運営をしており、2006年に開園して今年で10周年。 ゆっくりとした時間を過ごせるいい場所なので気に入っているところ。なにより、園内では食事、飲酒、喫煙が禁止されているので、変なのがいないし煙草の煙もないのがいい。 ...
電動自転車でいくバガン寺院めぐり バガンの寺院巡りをする際に活躍するのは電動自転車の活用になる。 自転車といっても日本にあるようなアシスト的なものじゃなくて、原付電動バイク(ペダル付き)という感じのもので、時速30キロくらいまで出すことができる。 今回の旅で僕ははじめて電動ではあるけれど、バイクを運転してみたのだが、これ...
クアンシーの滝はラオスの九寨溝みたいなところ... ルアンパバンでレンタルバイクを借りて向かったのはクワンシーの滝(Kuang Si Falls)。それほど難しくもない田舎道をのんびり走るルートなので、バイクを借りてのんびり行くにはうってつけのところ。ツアーで行くのも安上がりなんだけど、自分で運転する自由さにはかえがたい。 ルアンパバンの市街か...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください