ルアンパバンの観光となると、朝の托鉢がおわれば自転車を借りて市内のお寺を巡ってみるのがいいと思う。なにせ80あまりもあるので、名前を覚えきれないくらいたくさんある。

寺院によっては、僧侶と結構気さくに話せたりするところもあったり、雰囲気も異なるので、自分が好きだなって思う場所を探してみるのがいいと思う。

王宮

王宮

それとは別に、王宮は絶対に行ってみた方がいいと思う。興味深い展示がたくさんあったけれど、なかでも面白かったのは各国から届いた贈呈品のコレクション。これはすごく豪華そうだというものから、すごい適当だよなっていうものまでいろいろなものがある。なかでも、アメリからの贈答品は必見。これが原因でこの国はその後、共産圏になったんじゃないかと思ってしまうくらい衝撃をうけた。

お寺めぐりではいろいろみたのだけど、僕がいまだに記憶に残っているところを書いておく。ワット・マノーロムで過ごした昼下がりは、なんだか気持ちよかったなあ。

ワット・シエントーン – Wat Xieng Thong

ルアンパバンのシンボル的な存在。

旧市街のもっとも奥の方にある寺院。装飾はタイのような雰囲気もあるけれど、あれほどまでに豪華絢爛という感じではなく、素朴な雰囲気があるのがいい。

なんだかこういう方がしっくりくる。不思議な魅力がある壁画たちも必見。

ワット・マイ – Wat Mai

王宮の隣にある寺院。ワット・シエントーンとは逆に華やかな雰囲気がある寺院。きれいに装飾がされていて、隙がない。立地もいいので、賑わっている。すごく美しい寺院で有名なのだけど僕としてはあまり印象がない。

ワット・マノーロム – Wat Manorom

ちょっと郊外にある寺院。自転車で行くといいと思う。

なにがあるってわけでもなく、むしろなにもないのだがなんとなく居心地がいい。本殿には仏教の世界観が壁画で描かれているのだが、これがまた美しくていい。

そして、このお寺のレリーフは美人が多いのでみていて飽きない。自分好みのレリーフを探してしまうのだが目移りしてしまう。

ワット・ビスンナラート – Wat Wisunalat

ここもちょっと郊外にあるお寺。別名「すいか寺」と呼ばれていて、半球状のパゴダがでーんと乗っている。ちょっとチェンマイの「ワット・チェディルアン」みたいな感じがする。まあ、近いといえば近いし、似たような文化圏でもあるのかも。地味な雰囲気のお寺ではあるけれど、のんびりとできる。

ルアンパバンはお寺が多くて、そしてそのどのお寺も現役で活動しているというのが面白い。のんびりとした昼間はお寺めぐりがいいと思う。

Related Post

ハノイ ノイバイ空港は混雑必至の面倒な空港... 今回、ルアンパバンへの旅のトランジットはハノイにて。日本への帰り道、半日ちょっとくらいの時間があったのでトランジットの小旅行に降りてみた。 ノイバイ空港からハノイの都心まではタクシーでも1時間近くかかり、これ本当にハノイに向かっているのかよっていうくらいに遠い。都心に近づくにつれて渋滞がひどく...
日々是新 – 2014年1月1日 新年の最初は銚子の犬吠埼近くの浜で日の出を眺めて今年がはじまった。 前はお正月には海外で過ごすことも多かったのだけど、ここ2年くらいは日本で過ごすようになった。 2011.3.11の影響なのかなあ・・とも思うのだが、心をリセットして新しく始めるというのは、日本のお正月が一番しっくり来る感...
ひさびさの香港、食べ歩きの旅。 この旅では「香港クラフトビールとバー発見の旅」というサブタイトルがあってもいいかもしれない。2015年9月の旅ではできなかったことをあれこれ行ってくることができた。 今回もLCCで行く、土日を利用した週末の香港旅。 香港エクスプレスを利用すれば、金曜日深夜に羽田を出発して、土曜日の朝食は...
マレーシア、ペナンで過ごす休日旅 羽田-クアラルンプールはエアアジア。クワイエットゾーンは空いていた。 エアアジアのセールでマレーシアまで激安のチケットがあったので、ちょっと休日を過ごしにマレーシアまで。 とくに予定をなにも考えていなくて、ペナンに行くことも直前に決めたこの旅。 なんだか行き当たりばったりで、旅を...
「北アルプス 三蔵呑み歩き2013」を体験してきた... 今回の信州旅行において、サイトウキネンと並ぶハイライト。信濃大町で毎秋に開催されている三蔵呑み歩きというイベントに行ってきた。 信濃大町の商店街を中心に半径500mくらいのところに日本酒の酒蔵が三軒あって、イベントの日には参加証を兼ねた専用のおちょこを購入して、各酒蔵を巡りながら、日本酒を飲ん...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください