ルアンパバンの観光となると、朝の托鉢がおわれば自転車を借りて市内のお寺を巡ってみるのがいいと思う。なにせ80あまりもあるので、名前を覚えきれないくらいたくさんある。

王宮
王宮

寺院によっては、僧侶と結構気さくに話せたりするところもあったり、雰囲気も異なるので、自分が好きだなって思う場所を探してみるのがいいと思う。

それとは別に、王宮は絶対に行ってみた方がいいと思う。興味深い展示がたくさんあったけれど、なかでも面白かったのは各国から届いた贈呈品のコレクション。これはすごく豪華そうだというものから、すごい適当だよなっていうものまでいろいろなものがある。なかでも、アメリからの贈答品は必見。これが原因でこの国はその後、共産圏になったんじゃないかと思ってしまうくらい衝撃をうけた。

お寺めぐりではいろいろみたのだけど、僕がいまだに記憶に残っているところを書いておく。ワット・マノーロムで過ごした昼下がりは、なんだか気持ちよかったなあ。

ワット・シエントーン - Wat Xieng Thong
ワット・シエントーン – Wat Xieng Thong

Wat Xieng Thongルアンパバンのシンボル的な存在。

旧市街のもっとも奥の方にある寺院。装飾はタイのような雰囲気もあるけれど、あれほどまでに豪華絢爛という感じではなく、素朴な雰囲気があるのがいい。

なんだかこういう方がしっくりくる。不思議な魅力がある壁画たちも必見。

Wat Xieng Thong

ワット・マイ - Wat Mai
ワット・マイ – Wat Mai

王宮の隣にある寺院。ワット・シエントーンとは逆に華やかな雰囲気がある寺院。きれいに装飾がされていて、隙がない。立地もいいので、賑わっている。すごく美しい寺院で有名なのだけど僕としてはあまり印象がない。

ワット・マノーロム - Wat Manorom
ワット・マノーロム – Wat Manorom

Wat Manoromちょっと郊外にある寺院。自転車で行くといいと思う。

なにがあるってわけでもなく、むしろなにもないのだがなんとなく居心地がいい。本殿には仏教の世界観が壁画で描かれているのだが、これがまた美しくていい。

そして、このお寺のレリーフは美人が多いのでみていて飽きない。自分好みのレリーフを探してしまうのだが目移りしてしまう。

ワット・ビスンナラート - Wat Wisunalat
ワット・ビスンナラート – Wat Wisunalat

ここもちょっと郊外にあるお寺。別名「すいか寺」と呼ばれていて、半球状のパゴダがでーんと乗っている。ちょっとチェンマイの「ワット・チェディルアン」みたいな感じがする。まあ、近いといえば近いし、似たような文化圏でもあるのかも。地味な雰囲気のお寺ではあるけれど、のんびりとできる。

ルアンパバンはお寺が多くて、そしてそのどのお寺も現役で活動しているというのが面白い。のんびりとした昼間はお寺めぐりがいいと思う。

Related Post

クーハーカルハット宮殿に行ってきた(行き方地図つき)... ずっと前に見かけたTRANSITのタイ編や、トラベルハックの記事でみつけた洞窟の中にある不思議な風景の寺院。 いろいろ調べてみると、ホアヒンからそう遠くないところにありそうだったので、行ってみることにした。ネットの記事では結構簡単に行けそうな感じだったが、必ずしもそうではないと思う・・・。 ...
休日の高雄、港湾のエリアを散歩する... 街中はせわしない感じだったので、港湾エリアを歩いてみることにする。横浜のみなとみらいのあたりみたいな雰囲気があって散歩には気持ちがいいところだった。 休日に一二三亭から道なりに歩いて行くと、空には凧がお正月かよっていうくらいあがっているのが見える。ここはかつて鉄道駅だったところみたい。いまでは...
イグアスの滝(ブラジル側)へ行ってみたら、ものすごい観光地だった... フォス・ド・イグアス最大の観光の目玉であるイグアスの滝へ行ってきた。年末年始のイグアスの滝はハイシーズンで水量も豊富だし、迫力満点の滝を楽しめる。 しかし、この時期に訪れる人は滝につくまでものすごい大変であることを覚悟した方がいい。なぜならば、ブラジルでは夏休みの長期休み期間中なので家族旅行に...
日々是新 – 2014年1月1日 新年の最初は銚子の犬吠埼近くの浜で日の出を眺めて今年がはじまった。 前はお正月には海外で過ごすことも多かったのだけど、ここ2年くらいは日本で過ごすようになった。 2011.3.11の影響なのかなあ・・とも思うのだが、心をリセットして新しく始めるというのは、日本のお正月が一番しっくり来る感...
タイにとっての至宝である王宮とワット プラケオに行ってきた... ワット ポートならぶタイにとっての至宝ともいうべき存在。 いまはもう国王様もロイヤル・ファミリーもドゥシットの方にうつられていて「かつての王宮」ではあるのだが、タイでこんなに細かいところまで緻密につくられたものがあるのかっていうくらい繊細で美しい建築やレリーフは一度くらいはみておいた方がいい。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です