ベトナム航空今回、ルアンパバンへの旅のトランジットはハノイにて。日本への帰り道、半日ちょっとくらいの時間があったのでトランジットの小旅行に降りてみた。

ノイバイ空港からハノイの都心まではタクシーでも1時間近くかかり、これ本当にハノイに向かっているのかよっていうくらいに遠い。都心に近づくにつれて渋滞がひどくなるので、行き帰りは時間に余裕もっておいた方がいい。移動については、タクシーとバスがあるけれど、タクシーの方が利便性高くて、コストパフォーマンスもいいと思う。

そして、空港については最近になって国際線専用の第二ターミナルができたのだけど、それでも出発ゲートは大混雑というか、大混乱。行きはそのまま乗り換えたので知らなかったが、こんなにひどいことになっていたとは。

ハノイ ノイバイ空港

SIMカード売り場
SIMカード売り場

とくに、深夜24時前後はベトナム航空の出発が重なるみたいで、チェックインカウンターは行列があるのかどうかよくわからないくらいに混雑している。

これを回避するには、オンライン・チェックインは必須。たとえ、預け入れの荷物があったとしても専用のカウンターで対応してくれるので、これはもう必ずオンライン・チェックインを済ませてから空港に来た方がいい。

出入国の手続きに関しては、タイミングが全てだと思うが、僕の時は入国にはひたすらに時間がかかったが、出国はチェックインカウンターの混雑を考えるとかなりスムーズに出ることができた。出国後のターミナルについては、まあなにも期待することはなく、ひたすらに物価が高いなというところ。

まだ出来たばかりということもあるけれど、トランジットということを考えるとハノイよりもホーチミン・シティの方が便利で楽しいなというのが実感だな。

Related Post

愛媛の松山空港から今治駅までの移動について、バリィさん像について... ジェットスターで松山空港についてから、一気に今治まで移動したのでその記録。今回の旅行は移動が多くて、普段やらないスタイルの旅なので結構しんどかった。 松山空港から今治までは直通のリムジンバスもあるのだが、本数が少ない上にやたらと時間がかかるため、JR松山駅までバスで出てそこからJRの特急を利用...
Cafe Croissant d’or(カフェ・クロワッサン・ドール)ルアンパバン旧市街... ルアンパバンの朝は早い。 というか、朝こそがこの町を旅するメインなんじゃないかと思う。 というのも朝6時くらいからこの町にあるお寺から僧侶が出てきて托鉢をしてまわるから。その光景は荘厳でもあり、大騒ぎでもある。 そんな托鉢の喧噪であり、観光であり、体験や見学が終わると朝食なのだが、...
ホーチミンの空港(タンソンニャット)でSIMカードを購入、通信事情など... ホーチミンの街中はどこのお店行っても、どんな安宿行ってもFree Wi-Fiのサービスがあるので、データローミングしなくてもそれなりに利便性が高い街になっている。空港とはえらい違いだ。 とはいえ、SIMフリーの携帯もっていればSIMをかなり安く購入することができるし、通信速度もそれなりに速いの...
Le Café Ban Vat Sene はルアンパバンでもっとも居心地いいカフェ... 今回のルアンパバン旅で一番の発見だったのは、このカフェを見つけたことだなって思う。フレンチコロニアルな建物は雰囲気あるし、デザートは美味しいし、なにより朝から深夜まで営業時間が長いのがいい。 托鉢をみたあとに朝食をとるのもいいし、夜寝る前に少しここでクールダウンして一日の旅を振り返るのもまたい...
香港エクスプレス(羽田~香港)搭乗記... 週末を利用して香港に行ってきた。香港エクスプレスを利用すると、金曜日の深夜25時に出発して、日曜日の23:30くらいに戻ってくるフライトスケジュール。 しかも羽田便、そしてセールのプロモーションを利用すると諸税入れても2万円ちょっとという利便性かつお得感。関西まで新幹線で旅行に行くより飛行機で...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.