SIMカード売り場
SIMカード売り場

トランジットで1日しか滞在しないけれど、あると圧倒的に便利なのでSIMカードを購入。現地でSIMカードを手に入れるようになってから、ガイドブックを買うことがなくなった。

ノイバイ空港でのSIMカードは空港の荷物受け取り過ぎて、出入り口に向かって左側の端にあった。基本的な料金体系や購入方法はホーチミン・シティのときと一緒。マイクロSIMとか特殊なものになると追加料金がかかり、購入にはパスポートが必要。

今回もVINAPHONEのSIMを買ったのが、有効期限の短いものを購入したので500円しないくらいでの金額だった。APNの設定も残っていたので、設定もすぐに完了。

通信速度については、僕がもっているのがNexus4ということもあり、3Gへの接続だけど特段ストレスを感じることもなく通信環境を確保できる。地図のチェックなども問題なしだし、SNSなどの接続も不自由なくできた。ついでにいうと、ingressも普通に利用できた。

ベトナムにおいては、少なくとも都市部では日本とさほど変わりない状況での通信ができると思う。もはや、旅行においては必須のアイテム。

Related Post

ルアンパバンの市場で地元の暮らしに触れてみたりする... ルアンパバンの郊外にある市場、ガイドブックにも載っていたりするのだが、お土産物を探すのであればナイトマーケットや旧市街地のお店で十分だし、市場にはお土産物売りなどはなくごく普通の田舎町の市場って感じ。 食料品や化粧品、携帯電話や衣料品のショップなどがあって、あとは食堂。この市場のおもしろさはそ...
Tangorはルアンパバンでおしゃれな食事楽しめるレストラン... ルアンパバンの旧市街のメインストリートにあるレストラン。昼は普通のレストラン、夜のバータイムになると雰囲気がいいのでおすすめ。 オーナーはフランス人みたいで、センスのいいインテリアが素敵で、出てくる料理も洗練されている。 セビーチェが美味しいのだけど、オーダーしたらお店の人が「おまえ、こ...
スワンナプームでツーリストSIMの購入(今回はdtac)... チャイナエアラインのフライトキャンセルにより波乱の幕開けな今回の旅。とはいえ、問題なくバンコクには到着してさっそくSIMカードを入手。いつもはAISで買っているのだけど、今回はカウンターが混雑していたのでその隣にあるdtacで購入。 結論からすると、どういうわけだがものすごいもっさりした回線環...
ホーチミンの空港(タンソンニャット)でSIMカードを購入、通信事情など... ホーチミンの街中はどこのお店行っても、どんな安宿行ってもFree Wi-Fiのサービスがあるので、データローミングしなくてもそれなりに利便性が高い街になっている。空港とはえらい違いだ。 とはいえ、SIMフリーの携帯もっていればSIMをかなり安く購入することができるし、通信速度もそれなりに速いの...
ルアンパバンの托鉢、おすすめのスポットや時間について... 旅行者がルアンパバンに来る理由は、ここの町並みが世界遺産に登録されていることと、あとは毎朝の托鉢をみたり体験したりするために来るのだと思う。 この町は、メインストリートである、シー・サワンウォン通りやサッカリン通りを中心に、小さな旧市街のなかに80あまりの寺院があり、多くの僧侶が暮らしている。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください