SIMカード売り場
SIMカード売り場

トランジットで1日しか滞在しないけれど、あると圧倒的に便利なのでSIMカードを購入。現地でSIMカードを手に入れるようになってから、ガイドブックを買うことがなくなった。

ノイバイ空港でのSIMカードは空港の荷物受け取り過ぎて、出入り口に向かって左側の端にあった。基本的な料金体系や購入方法はホーチミン・シティのときと一緒。マイクロSIMとか特殊なものになると追加料金がかかり、購入にはパスポートが必要。

今回もVINAPHONEのSIMを買ったのが、有効期限の短いものを購入したので500円しないくらいでの金額だった。APNの設定も残っていたので、設定もすぐに完了。

通信速度については、僕がもっているのがNexus4ということもあり、3Gへの接続だけど特段ストレスを感じることもなく通信環境を確保できる。地図のチェックなども問題なしだし、SNSなどの接続も不自由なくできた。ついでにいうと、ingressも普通に利用できた。

ベトナムにおいては、少なくとも都市部では日本とさほど変わりない状況での通信ができると思う。もはや、旅行においては必須のアイテム。

Related Post

プノンペン国際空港でSIMカードを購入、データ通信について... カンボジアの通信事情はここ数年でだいぶ向上してきていて、以前は外国人がSIMカードを買うこともできなかったのだが、いまでは空港で容易に手に入れることができる。便利な時代になったなあ。 シェムリアップでのSIM購入はこちら:カンボジアのSIM事情について(空港での購入) プノンペンは首都な...
ミャンマーのモバイル通信事情 ヤンゴンの街並み ※この情報は2014年2月時点のものとなります。 ミャンマーを旅するにあたり、いろいろと情報を集めていたのだが、モバイルの通信事情がかなり悪そうだということだったので、成田空港でWifiをレンタルしてもっていった。 借りたのはテレコムスクエア(http://www....
klia2(クアラルンプール国際空港)でツーリストSIMを買う... マレーシアは街中では携帯ショップはあまり見かけなかったのだが、クアラルンプールのklia2では出口すぐのところに並んでいて、通信事情の確保という点においてはすごい便利だった。 マレーシアの通信事情はよくわかっていないのだが、おそらく最大手はHOT LINKという会社だと思われる。 今回は...
Le Café Ban Vat Sene はルアンパバンでもっとも居心地いいカフェ... 今回のルアンパバン旅で一番の発見だったのは、このカフェを見つけたことだなって思う。フレンチコロニアルな建物は雰囲気あるし、デザートは美味しいし、なにより朝から深夜まで営業時間が長いのがいい。 托鉢をみたあとに朝食をとるのもいいし、夜寝る前に少しここでクールダウンして一日の旅を振り返るのもまたい...
ホアンキエム湖さんぽ ハノイの市街地にあるホアンキエム湖。周囲は公園になっていて、都会のオアシスみたいな風情になっている。以前は、ここを少し歩くだけで物売りとかがうるさかったのだけど、いまでは外国人でも静かに散歩できるようになったんだなというところ。随分と治安がよくなったような気がする。 今回泊まったホテルからホア...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です