SIMカード売り場
SIMカード売り場

トランジットで1日しか滞在しないけれど、あると圧倒的に便利なのでSIMカードを購入。現地でSIMカードを手に入れるようになってから、ガイドブックを買うことがなくなった。

ノイバイ空港でのSIMカードは空港の荷物受け取り過ぎて、出入り口に向かって左側の端にあった。基本的な料金体系や購入方法はホーチミン・シティのときと一緒。マイクロSIMとか特殊なものになると追加料金がかかり、購入にはパスポートが必要。

今回もVINAPHONEのSIMを買ったのが、有効期限の短いものを購入したので500円しないくらいでの金額だった。APNの設定も残っていたので、設定もすぐに完了。

通信速度については、僕がもっているのがNexus4ということもあり、3Gへの接続だけど特段ストレスを感じることもなく通信環境を確保できる。地図のチェックなども問題なしだし、SNSなどの接続も不自由なくできた。ついでにいうと、ingressも普通に利用できた。

ベトナムにおいては、少なくとも都市部では日本とさほど変わりない状況での通信ができると思う。もはや、旅行においては必須のアイテム。

Related Post

ハノイのラグジュアリー ホテルはホスピタリティはラグジュアリークラスだった... ホテルの入口 ハノイでのトランジットで、ホテルをとっておくこともなかったのだが、ちょっと調べてみたらかなり激安で泊まれそうなところがあり、なおかつ名前が面白かったので予約してみた。 ラグジュアリーホテルっていう名前なのだが、写真からしてすごい名前倒れしている感じを受けてしまったのだが、...
ルアンパバンでワイン飲みたくなったらChez Mattがおすすめ... ちょっと値段は高いけれど、ルアンパバンにこんな素敵なワインバーがあったなんてって驚いたし、ルアンパバンの静かな旧市街の空気を感じながらワインを飲む時間はなんて贅沢なんだろうって思えるところ。 お店はおそらく古い商店を改造した感じで、涼しくなる夜には窓をあけて開放的な雰囲気になる。ソファ席がいい...
COMGA Café & Bar(コムガー カフェ)で食べるベトナム風チキンライス... コムガーというベトナム中部(ダナンとかホイアン)で食べられているベトナム風チキンライスが美味しいお店。 ここのチキンライスはハノイのランチ〜ディナーでおすすめできる。本当においしい。お店の雰囲気もおしゃれで面白い。すぐ外では屋台料理のお店があって、このレストランとの境界線があいまいなので座ると...
Cafe Croissant d’or(カフェ・クロワッサン・ドール)ルアンパバン旧市街... ルアンパバンの朝は早い。 というか、朝こそがこの町を旅するメインなんじゃないかと思う。 というのも朝6時くらいからこの町にあるお寺から僧侶が出てきて托鉢をしてまわるから。その光景は荘厳でもあり、大騒ぎでもある。 そんな托鉢の喧噪であり、観光であり、体験や見学が終わると朝食なのだが、...
Chả Cá Lã Vọng(チャーカーラボン)の偽物に行ってしまった... 偽ブランド品とか、ベトナムだと偽のシンカフェ旅行会社とかがあるのは知っていたけれど、まさか偽レストランまで存在するとはという驚きがある。 そして、この偽レストランは値段は高いものの結構おいしいというのがまた不思議。 チャーカーラボンはホアンキエム湖の北側、通りの名前になっているくらいで、...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください