ホテルの入口
ホテルの入口

ハノイでのトランジットで、ホテルをとっておくこともなかったのだが、ちょっと調べてみたらかなり激安で泊まれそうなところがあり、なおかつ名前が面白かったので予約してみた。

ラグジュアリーホテルっていう名前なのだが、写真からしてすごい名前倒れしている感じを受けてしまったのだが、結論からいうとバジェットクラスのホテルにしてはすごいしっかりしているし、値段から考えるとお得ないいホテルだと思う。

ノイバイ空港からはタクシーで1時間くらい。Google Mapでの場所は間違えていて、実際は下の地図にるようにNgo Phu Doanという路地の突き当たりにある。この裏通りにある感じもラグジュアリーホテルの名前とのミスマッチ感がハンパない。

この路地の奥にラグジュアリーホテルがある
この路地の奥にラグジュアリーホテルがある

ロビーはかなり狭いものの、フロントに常に人がいるので安全さはある。そして、狭いながらも花を活けていたりして、気持ちがいい空間だなって思う。

1泊というか、ほんの少ししか滞在しないのがもったいないくらいだ。そしてフロントの人にもかなりそういわれた。

ホテルの場所はホアンキエム湖やハノイ大教会から歩いて10分くらい、安宿街が集まる通りも近くて、コンビニも多いし、比較的賑やかで便利なエリアだと思う。

Hanoi Luxury HotelHanoi Luxury HotelHanoi Luxury Hotel

このホテルはラグジュアリーなだけあってエレベーターがついているのが地味に便利。安宿だと重い荷物もって移動するのが面倒なのだが、その手間がないのは助かる。部屋はごく普通のホテルという感じ。それこそトランジットのホテルみたいだ。水回りは結構清潔で、シャワーの出がすごくいいのがちょっとこのクラスのホテルにしては珍しくて意外。

正直なところ1,000円ちょっとでこのクラスのホテルならば、ラグジュアリーでもなんでも許す!というくらいいいホテルだった。ハノイで安くあげる滞在先としてはおすすめ。予約はBooking.comで行った。

ラグジュアリー ホテル(Luxury Hotel)



Booking.com

Related Post

【閉店】ナーンベー サブローのカオソイは値段なり... どうもクチコミで人気なカオソイのお店があったので行ってみた。場所は旧市街から少し離れたワット・ビスンナラートの目の前。 ラオスのカオソイはタイのものとは名前は一緒だけれど全然違うもので、たっぷりとした野菜がつけ合わされてくるところとか、透明なスープとかベトナムのフォーみたいな感じがする。 ...
Thanh Guesthouseは無難なバジェットホテル... タンソンニャット空港からタクシーで30分ほど、ホーチミン シティのなかで安宿が集まっているファングラオー地区までやってきた。 ファングラオーの安宿メインストリートであるデタム通り沿いの宿はちょっと高くて混んでいるのでイヤだなあ・・と思い、裏道に逃げてきたところ客引きのにつれられてきたのがここT...
はじめてカプセルホテルに泊まってみた。ホテル エム マツモトは安宿として優秀。... 10月の週末に松本を旅しようと思うとホテル代の高さに驚くと思う。ちょこちょこ来ているのだが2月とか冬場に比べて2倍以上になっているホテル代に驚く。 Airbnbも結構強気の価格設定をしていてどこに泊まろうかと思っていたのだが、カプセルホテルの安さにつられて予約をしてみた。普段泊まっているホテル...
Chang Innでの朝食はルアンパバンでおすすめ... ルアンパバンでの朝食でこんな優雅な時間が過ごせるとはってびっくりした。ラオスでとれたコーヒー豆を使ってサイフォンコーヒーを淹れて飲むとか、なんだか時間がゆったり流れていてこの町らしいなあって思う。 そしてサイフォンコーヒーの機材は日本製だった、なかなか手に入らないらしくすごく丁寧に取り扱われて...
Ock Pop Tokは貴重なラオス産のテキスタイルを探すことができる... ラオスといえば、染色や機織りが盛んなところで田舎の方へ行くと、家の軒先で機織りしている人をみかけたりするのだが、ルアンパバンではもはやそんな光景をみることもなく、市場やナイトマーケットなどで見かけるのはタイから輸入された安物ばかり。 そんななかで、ルアンパバンの旧市街にできたOck Pop T...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です