ホアンキエム湖ハノイの市街地にあるホアンキエム湖。周囲は公園になっていて、都会のオアシスみたいな風情になっている。以前は、ここを少し歩くだけで物売りとかがうるさかったのだけど、いまでは外国人でも静かに散歩できるようになったんだなというところ。随分と治安がよくなったような気がする。

今回泊まったホテルからホアンキエム湖までは歩いて数分といったところなので、散歩してきた。ちょうど旧正月のシーズンだったこともあり、家族連れで賑わっていてハノイの人にとっても重要な憩いの場所なんだなというところ。

湖の周囲は1.8キロくらいなので、歩いて一周することも可能。でもまあ、賑わっているのは北側の方になる。一番賑わっているのは北東のエリアでここには水上人形劇の劇場もあったりして観光客も多い。そこから少し西に行くと噴水のある広場に出る。ここの周囲はカフェもあったりして、ハノイの勢いを感じるエリアだなあというところ。この辺りは安宿も多いので旅行者には便利なエリア。

ホアンキエム湖ホアンキエム湖の湖畔は柵とかないので、縁に腰かけてのんびりしたり、近くのベンチで湖を通り抜ける涼しい風を感じるのもいい。横の大通りは賑わっているのに、ここだけ違う時間が流れているようだ。

前は、このあたりにアオザイ着た女の子がいたりしたのだが、いまはすっかり普通の街角っていう感じなのは旧正月で休みのシーズンだからなのだろうか。静かでのんびりしたルアンパバンの街から出てきたばかりで、ハノイの街に圧倒された感じがあったのだが、ホアンキエム湖ののんびりさは落ち着くところ。何日か滞在していれば、朝の散歩とか気持ちよさそうだと思った。

2015054203402236000 x 4000ホアンキエム湖

Related Post

中之条ビエンナーレ2015 – 伊参エリア編... 中之条ビエンナーレで巡る里山の旅。四万温泉の東側にある伊参エリア編。この辺りは、伊参スタジオが有名なところだけど、今回は新たな廃校が増えていたのが、ビエンナーレとしてはいいのだろうけれど、地域としてはどうなんだろうって思うところ。 旧伊参小学校 旧伊参小学校にあった作品。なんかぞわぞ...
今年も花見山へやってきてお花見しました。2017年編。... 東京や関東圏でさんざん桜をみて花見をしたのだけど、都会にある桜だけではなく自然豊かな桜も観に行こうと思い、今年も桜前線をおっかけて北へと旅した。 去年と比べると2017年の春は週末に天気が崩れることが多くて、いまいちな天候ではあったけれど、それでも薄曇りのなかの桜はまた美しいなって思う。 ...
対潮楼 – 鞆の浦のビューポイントでの絶対的なおすすめ... 鞆の浦に行く前にはほとんど事前の予備知識がなくて訪れて、道に迷って辿りついたところが、ここ福禅寺の対潮楼だった。 拝観料に200円とられるのか・・とあまり乗り気じゃなかったのだが、入ってみて200円払ったことを感謝したくらいの絶景。建物内にある座敷の一角が全て開け放たれていて、そこからみえるミ...
ルアンパバンの市場で地元の暮らしに触れてみたりする... ルアンパバンの郊外にある市場、ガイドブックにも載っていたりするのだが、お土産物を探すのであればナイトマーケットや旧市街地のお店で十分だし、市場にはお土産物売りなどはなくごく普通の田舎町の市場って感じ。 食料品や化粧品、携帯電話や衣料品のショップなどがあって、あとは食堂。この市場のおもしろさはそ...
小布施の葛飾北斎巡り(岩松寺、北斎ミュージアム)... 葛飾北斎は晩年の頃、小布施にパトロンがいたということで、定期的に訪れていては作品を残していた。小布施って長野にしてはすごく垢抜けている印象をもっているのだが、こうした文化が背景にあるからなのかもしれない。 その、北斎の作品がみられるのが小布施郊外にある岩松寺と、町の中心部にある北斎ミュ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください