久々に麻布食道のオムライスを食べたくなってちょっと遠出(僕にとっては)してランチを食べてきた。西麻布って用事がないとなかなか行くようなところじゃない。久々に行った直後、2016年のミシュランガイドでビブグルマンに掲載されたことを知る。ちょっと意外な感じもしたけれど、ここのオムライスであれば納得感はある。

アクセス

すごい以前には西麻布の交差点からすぐ近くのところにあった気がするのだが、現在は南青山の日赤通り商店街の近くに移転している。最寄りの駅はなくて、あえていえば表参道から骨董通りを15分以上歩いてくるとか、渋谷からバスとかになるだろうか。

麻布食堂について

よくある洋食屋さんというところの雰囲気。移転してさらに落ちついた雰囲気というか、元はバーだったんじゃないかという感じがする。地下にあるけれど庭があってそこから外の光が差し込んでくるのでランチタイムは明るい店内で食事を楽しめる。

値段としては土地柄ということもありちょっと高め。洋食ってちょっと高いか、すごく安いかの二極化があると思うのだが、ここは完全に前者のケース。人によってはオムライスが1,000円以上ということに、びっくりするくらい高いっていうことになるのかもしれない。

僕もまあちょっと高めかなと思わなくもないけれど、出てくるオムライスはどうやったらこんなにムラのない均一な卵焼きでご飯をつつめるのだろうかと感動するくらい。この芸術的な職人技の見た目に金額を払う価値があるかどうかっていうのがこのお店の評価な気もする。

芸術的オムライス
この瞬間が幸せ

オムライスのソースは何種類かあるけれど、定番でケチャップを選択。なかのご飯は一見すると少なそうだけど、結構なボリュームがある。上品な味は取りたててすごいってことはないけれど、万人に安心できる味だと思う。そして、洋食屋さんでよくある頑固親父がにらみを効かせているせいでお店の雰囲気がぴりぴりする、みたいなこともないしのんびりと食事が楽しめるのがいい。

値段は少し高いけれど、たまにはこういうところでのんびりとランチするのもいいんじゃないかっていうお店。変わった料理はないけれど、その分誰を誘っても喜ばれるところだと思う。

麻布食堂
住所:東京都港区西麻布4-18-1 麻布ウェストB1F
時間:11:30-14:00,17:30-21:30
休み:日、月、祝

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください