前にも泊まっている大安森林公園の前にあるDandy Hotel。公園が望める部屋が気持ちいいのだが、今回は本当に寝るだけだったので窓なしの部屋に泊まることにした。

以前の宿泊記
2014年12月:Dandy Hotelの宿泊記ふたたび
2014年5月:丹迪旅店(大安店) Dandy Hotel(Daan)は新しい台北の定宿になる

大安森林公園のDandy Hotelに泊まる

圧迫感あるかなあとか思ったのだが、結局のところは24時くらいに帰ってきて倒れ込むように寝て、翌朝は6時過ぎに朝食へ出発。

チェックアウト期限ぎりぎりに戻ってきて、少しシャワー浴びて荷物預けて出ちゃうという感じだったので、滞在時間は10時間あったかどうかというところ。

部屋の写真、これしか撮っていなかった・・。

それを考えるともっと安いところでもよかったのだが、地下鉄駅の横にあるという立地や、フロントのスタッフがしっかりしていることを考えるとここでよかったなというところ。

今回はホテルに送迎をお願いしたりしたかったこともあり、ホテルのサイトで直接予約をしたのだけど、デポジットをとられたりして決済が面倒だったりする。楽天などの予約サイトでもさほど違わない金額で予約できるので、予約しやすいところで部屋を押さえてしまった方がいいと思う。

ただ、ここの送迎はかなり安全で確実。タクシーとさほど変わらない金額なので、タクシー使うくらいなら活用してもいいかと思う。なにより空港で待たなくていいし。

桃園からホテルまで早朝に送迎を頼んで、そのままホテルに荷物を預けておけるのもまた便利。早朝便であれば、Airbnb使うよりもホテルを活用した方が利便性が高いと思う。

ただ、朝食については悪くないけれど、今回はパス。阜杭豆漿とか台北の朝食事情がこれだけ優れているとあえてホテルで食べることもないよなあ・・って思ってしまう。

ホテルの窓からの景色だけではなく、利便性の高いホテルでもはや常宿という感じ。手頃でいいホテルだと思う。

ダンディホテル(大安店)丹迪旅店(大安森林公園店) (Dandy Hotel DAAN)

保存

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください