二子玉川にすんでいる友人とディナーをする。ベトナム料理が好きな方でおすすめ!ということもあり、ジャンズというベトナム料理店へ行ってみた。

二子玉川って駅前のショッピングモールや再開発のおしゃれな雰囲気があるけれど、ちょっと裏側にいくと居酒屋が残っていたりして面白いところだな。

ジャンズは雑居ビルみたいなところの三階にあり、食堂みたいな雰囲気のところ。わりと人気店なのだったのだが、予約なしで入ることができたのはラッキーだ。

アラカルトで料理を頼むことが出来るのだけど、シェフであるベトナム人のお母さんに相談しながら頼むのがいい。メイン料理をふたつ頼んだりすると「それは食べ合わせがよくない」とか、「サラダ類を少し追加した方がいい」とかアドバイスをしてくれる。

青パパイヤのサラダ

ということで、頼んだのは青パパイヤのサラダと揚げ春巻き、焼きそば、バインセオと牛肉のフォーを選ぶことにした。

青いパパイヤのサラダというと、タイ料理のソムタムを思い出し、すごい辛い料理なのではないかと思ってしまうのだけど、ここのサラダは酸味をうまく使った優しい味でパパイヤの香りをいかしたサラダになっている。タイ料理と全然違う雰囲気で美味しい。

揚げ春巻き
牛肉のフォー

揚げ春巻きはハーブの香りをおさえたもので、香草類が苦手な人でも楽しめる料理になっている。逆につけだれにはニョクマムをふんだんに使った味付けでベトナムらしい味付けになっている。この「なます」みたいなやつってベトナムらしい味で好きなんだよな。

フォーは麵が米麺というより春雨っぽい感じでたっぷりと入ってくる。麺料理としても美味しいし、スープがまた優しい味なのでスープ料理としても楽しめると思う。軽い料理なのでもたれない。

バインセオ
ビールは333

そしてバインセオは絶品だった。ホーチミン シティのBanh Xeo 46Aで食べたものより断然美味しい。そしてなによりたっぷりとついてくる野菜がうまいのです。ミントとかもちゃんと入っていて、ドクダミみたいなハーブとかは入っていないけれど、それでも充分香りの高い野菜を堪能できる。

看板メニューは焼きそば
豆がはいったお餅みたいなものも美味しかった
なますみたいなタレも美味しい

ここの名物料理は焼きそばということなのだが、僕としてはバインセオの方が好きだったな。ここのはうまい。ビールは333という定番のものがあるが、ドリンクのメニューはもう少しあれこれあってもよかったなあ・・とは思う。

全体的に辛さを抑えた優しいベトナム料理で、万人に受ける内容のものになっているという印象。野菜をたくさん食べられるというベトナム料理本来の楽しさを味わえるレストランで好きなところだった。ラストオーダーが21時までとなっていて22時にはお店が閉店するので早めに訪問したい。

ジャンズ (Giang’s)
住所:東京都世田谷区玉川3-5-7 黒川ビル 3F
時間:17:00-22:00
休み:月曜日

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください