広尾の地元に愛されている中華料理店。こじんまりとした雰囲気は上品な感じがある。カウンター席もあって一人でも行きやすい。そして、2017年のミシュランガイドでビブグルマンを獲得しているお店で、手頃な価格でランチを提供してくれているのが嬉しい。手軽にミシュランの味を楽しめる。

はしづめ広尾店へのアクセス

広尾駅から徒歩数分のところ。広尾交差点の出口をでて、有栖川宮記念公園の方に少し歩いて行った2階にお店がある。看板も小さく、お店にあがる階段は狭いので見落としてしまいそうなくらいこじんまりとしている。ランチタイムは混雑しているが、平日であれば待つことなく入ることができる。

はしづめ広尾店について

製麺会社が営むお店なだけあり、麺料理が美味しい。ランチタイムは月ごとに変わる季節のメニューのほか四川料理店なだけあって少し辛めの料理などもある。僕は辛いものがあまり得意ではないのでいつもパスしてしまうのだが、評判はいいみたいだ。

手芸店で毛糸を選ぶみたいな感じで食べる麵を選ぶ

そしてなにより特別なのは、料理に使う麺を選べるというところ。小麦と水というシンプルなものから、ゴボウなどを練り込んだ麺とか、生姜や山椒といった薬味を練り込んだ麺など特色があるものが多くて迷ってしまう。これがすごく悩んでしまい、そして何度も通ってしまう理由でもある。

小麦のシンプルな麺はさすがの安定感があり美味しい。一方で生姜はこの麺との差が見えにくいというかあまり特徴を感じない。

ちょっとしたアクセントということでは、山椒を練り込んだ麺が食べているときに、かすかにぴりっとした味覚を刺激して、喉ごしのあとの爽やかさがすごく美味しい。山椒のクセがあるので好みはあるかもしれないが、僕としてはすごく好きな味。

手羽先の麵
山椒麵にしてみた。美味しい。
こちらは鶏油の麺料理。さっぱりとしている。
つけ麺、ゴボウの麵にしてみたら「ざるそば」みたいになった。さっぱりした味わいは蕎麦っぽい。
単品料理の「よだれ鶏」

麺料理としては、四川料理としての酸辣湯とかもあるし、和風な中華料理というか鰹だしや昆布を取り入れた優しい麺料理もある。手羽先をいれた餡かけ風の料理はトロッとしたスープやじっくり調理された手羽先の味もまた絶品。

なにより、ミシュランビブグルマンをとっているのに1,000円ちょっとでこんなにきっちりとした料理を食べられるというのは幸せなことだ。広尾で地元の人に愛される名店というのもよく分かる、すごく好きなレストラン。

はしづめ広尾店
住所:東京都港区南麻布5-16-10 カルチェブラン広尾 2F
時間:11:30-15:00,18:00-22:30
休み:日祝

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください