東京にこんなところがまだあったのかという下町の面白さが残っている立石の街。そんな街のお寿司屋さんは立ち食い鮨だけど絶品の江戸前が楽しめる。

せんべろなお店が多い立石のなかでは少し高級店の部類に入るのだけど、もっとも高いネタでも380円というところだし、少しつまんで楽しむくらいがいいところ。すごい人気店で平日であっても16:00過ぎには品切れで店じまいしてしまうことがあるので立石めぐりのなかでは、ここではアルコールを飲まない前提で、まず最初に訪れたいところだ。

お店の場所は立石駅南口を降りて線路沿いに少し八広方面に向かったところにある。暖簾が目印で、夕方に店じまいしてしまうと暖簾が外されてしまう。平日でも並んでいることが多く、宇ち多”に入る列と同じ路地のところで待つことになる。タイミングを逃すと結構待つことになるが、地元の人だけであれば、まあわりと回転ははやい。

店内は混雑時には写真撮影が禁止となるので、週末などはここで鮨の写真を撮ることは不可能。平日のそれほど混んでいないときには鮨の写真を撮ってもOKというゆるいルールがある。お店の人に一声かけて確認しておくのが安全だ。

しめさば
ぶり
ほたて
ほたるいか

もっとも高級だった煮はまぐり
エビも高かった。とはいえ380円だけど。

江戸前の寿司店ということで、ここではトロとかわかりやすいネタよりも、コハダとか昆布〆の鯛とかが美味しい。あとは旬の魚もちょっと熟成させているのか濃厚な味わいがある。これだけの質の鮨を立ち食いでかなり気軽な料金で楽しめるのは幸せというほかにない。

生しらすとかちょっとずつ豪華にしていって、煮ハマグリや海老をラストにもってくるとかなり豪華な感じがあり満足度が高いのだが、お酒を飲まないこともあり一人あたりの料金は2,000円しないくらい。ここで満腹になってはダメだ!と思うのだが、それでもついつい結構食べてしまう。

立石の呑み歩きハシゴはまず鮨からスタートするという豪華さではじめてみるのがいい。

栄寿司
住所:東京都葛飾区立石1-18-5
時間:11:30-品切れまで(夕方には閉まることが多い)
休み:木曜日

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください