週末とかのお休みになると観光している人で賑わう広尾界隈。そのなかで、やけに目立つのはおもちゃみたいなソフトクリームもって商店街を歩いている女の子たち。写真撮ったりしているけど、なんだあれ。やたらとかわいいじゃないかということで、大元をたどっていったらついたのはMELTING IN THE MOUTHというお店。

広尾商店街のなかにあって、すぐ近くには渋い甘味処の名店である船橋屋もある。最初はすぐ近くにあるCANVAS TOKYOかなとも思ったのだが、こちらのお店だった。広尾を訪れる人はこのふたつのカフェをセットで訪れることが多いみたいだ。

お店の入口
遊び心、おもちゃです

メニューはそのお店の名前のとおり、口のなかで溶けちゃいそうなスイーツが並んでいる。ホットドッグなどのランチメニューもあるけれど、基本的にはランチの後にスイーツを楽しむカフェだよな。

それにしても、店内は女性ばかりで男性が行くにはかなりのアウェイ感がある。中東のスタジアムで日本代表のサッカーをみるとこのくらいの感覚なんじゃないだろうかと思ったりするくらいだ。男性だけで行く場合には気合をいれるか、女性と一緒に行った方がいいと思う。

こっちは本物、オリジナルのソフトクリーム

あのおもちゃみたいなモコモコのソフトクリームは「ザ オリジナル」という一品で、カップとコーンで選べるけれど、コーンの方がフォトジェニックで断然かわいい。見た目にはプラスチック製じゃないかと思えるくらいだけど、なめてみるとすごくふわっと柔らかい。そして、ちゃんと濃厚な本物のソフトクリームだ。普通以上にしっかりと美味しい。見た目もかわいいけれど味もちゃんとしているのは幸せだな。

平日も休日もお昼過ぎには結構混雑しているので、なかなか近寄りづらいのが難点ではあるけれど、このかわいいソフトクリームは一度は試してみると楽しい。

メルティング イン ザ マウス (MELTING IN THE MOUTH)
住所:東京都渋谷区広尾5-17-10MKビル1F
時間:11:30 – 20:30
休み:なし

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください