以前から名前だけは知っていて気になっていたロースターカフェであるオニバスコーヒー。「ONIBUS」とはポルトガル語で公共バスという意味で「万人の為に」という語源からとられている。そういえば、リオデジャネイロで空港から乗ったバスがオニバスだったのだけど、あれはバス会社の名前じゃなかったのか・・と数年越しで気づいた。

Onibus Coffee 中目黒へのアクセス

中目黒駅を降りて少しだけ祐天寺方面に行ったところにある。目黒区役所の建物を抜けて、鰓呼吸という居酒屋の横の路地をいくと公園があるのだが、その公園に面した古い建物をリノベーションしてカフェにしている。

二階建てになっていて、一階は焙煎機があり、コーヒーを販売するスタンドになっている。そして二階ではコーヒーを楽しむカフェスペースがあるみたいだ。ここでコーヒー買って横の公園で飲んだりするのも気持ちがいい。

Onibus Coffee 中目黒について

もともとは奥沢にあるお店の2号店が中目黒にできた。焙煎したコーヒー豆は卸しもしていて、蔵前にあるゲストハウス兼バーのNuiとかでもオニバスコーヒーの豆を楽しむことができる。

そうそう、リオデジャネイロで乗ったバスが賑やかで暖かい雰囲気だったのだが、まさにオニバスコーヒーもそんな感じだ。喫茶店やカフェという枠だけじゃなくて、なにかちょっと新しい雰囲気があって楽しい。

コーヒーは一杯ずつ丁寧に淹れてくれるので、出てくるまでに少し時間はかかるけれど味は確か。朝イチで行ったのでラテを頼んだけれど優しい風合いで美味しかったなあ。横にある公園でのんびりするのもまたいい。

オニバスコーヒーの豆はここで飲んでもいいし、他のお店で出会っても「お、ひさしぶり」とかいう感じで古い友人に会ったような感覚がある。朝からやっているので、中目黒の散歩はここからはじめてみるのもいいと思う。

Onibus Coffee 中目黒
住所:東京都目黒区上目黒2-14-1
時間:9:00-18:00
休み:不定休

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください