金瓜石を散歩していて、階段をくだったところにあった一軒のカフェが、この旅において最も印象に残るカフェとの出会いだった。

場所は金瓜石の老街と呼ばれる、観光地からちょっと外れた古い街並みのなかにあります。入り口にはハートマークの看板があるから行けばすぐわかると思う。

店内はそれほど大きくなく、入り口で靴を脱いであがります。いわゆる一軒家カフェというジャンルです。

BGMは台湾のソフトロックとか、ボッサ風の音楽だったりするのだけど、ときどき店主の方がギター弾いて歌い出したりして、それもまた雰囲気あっていい感じ。

インテリアは手作り感があって、ポスターなどは1960年代とかのものが多い。壁には絵はがきが貼り付けてあって、それ自体が店内のインテリアになっています。でも、椅子はちょっと小さすぎるかなあ・・(台湾の人たちが華奢だということもあるかもしれないが)。

料理とかはあまりなくて、とりあえずワッフル(パンケーキ)とアイスティーを注文。のんびりと出てきます。その間は店内で昼寝している犬を眺めたり、ぼけーっとしたり持ってきた本を読んだり、棚においてある写真集を眺めたり・・なんだかんだとやることが多い。

そして、とりあえず料理とお茶が出てきたら時折吹き込んでくる風を感じながら、ひたすら意識が遠のいていくのを感じればいいんじゃないかと思う。そんなこんなであっという間に1時間くらい経ってしまった。。その間、店内にはほかにお客さん来なかったのだけど。

で、ちょうど入れ違いにお客さんやってきたので、お店をあとにした。ここではトイレいってみるのもオススメ。普通にこの方たちの家のトイレなんじゃ・・というくらいに生活感あります。古いものをよく手入れして使っていて気持ちがいいです。ただし、ペーパーを流せそうな感じではないので、横のゴミ箱に入れてください。

お店では日本語メニューも日本語も通じないけれど、別に片言の英語でも十分コミュニケーションとれるし問題ないかと。音楽好きな方にもオススメのカフェです。

お茶だけでない台北の楽しみもぜひ味わってみてください。

真心珈琲の場所はこのへん

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください