今年になってからもう3回目くらいのリピート。前回泊まった西門のサービスアパートがイマイチというか、正直ちょっとひどかったので、結局またリビエラホテルに戻ってきた。

今回の訪問は台南から高速鉄道で台北まで来たので、台北駅からタクシーを利用したのだが、100元そこそこで着いてしまった。歩ける気は全然しないけれど、だいぶ近いなという印象。

そして予約なのだが、いつもは楽天トラベルを利用しているのだが、今回はホテルのWEBサイトで二連泊で割引というプロモーションをやっていたので、ホテルに直接予約をいれた。一泊全部こみこみで3,900元はこのランクのホテルでは安いという印象。朝食はついていないけれど、近所には色々あるから特に困らないし。

部屋は最上階に通されたのだが、ちょっと変わった作りで入口に受け付けみたいなライティングテーブルがあってその奥に客室があるという・・事務所みたいな感じなのだが、ちょうど入口にスーツケースを広げる場所が確保できたので、これはこれで便利。

食事については、蒙古紅とかカフェとかちょっと離れたところに行くことが多かったので、今回はあまりとってなかったのだが、雙城夜市には餃子のおいしいお店や、鴨料理の屋台などもあるのでそうしたところで食べるのもおすすめ。

空港への移動については、ホテルのベルボーイがタクシーの予約をすすめてくるのだが、これは通常より高い料金になってしまうので、たとえば旧正月など特殊にタクシーが捕まらなさそうな時期以外には利用価値はないと思う。

今回は朝4時過ぎにチェックアウトしたのだが、流しのタクシー使って1000元で桃園空港まで行ってくれた。これって、相場より安い気がするのだが・・。相場的にも1,200元くらいでいけるので全然問題ないと思う。

とうことで、他のホテルに泊まってからさらに、リビエラホテルの安定感とコストパフォーマンスのよさを実感した次第。

欧華酒店(リビエラホテル 台北)
住所:台北市中山區林森北路646號

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください