もし、恵比寿でちゃんとしたうどんが食べたくなったら、または恵比寿で深夜まで飲んでいて、カラオケなんかには行かず、じっくりと旨い物をつまみながら朝を待ちたいならば、迷わずこちらの山長がおすすめ。

僕の中で恵比寿って、それなりのお店は結構あるけれど、ちゃんとした旨い店ってあまりない(出会いの問題?)という印象なのだけど、そんななかで山長は間違いない良店としてオススメできる。

このお店はもとを辿れば関西の乾物屋で、150年前に創業された老舗。それが、時代をへて良質のだしを使ったうどん店もはじめたということで、これはもう古きよき日本のうまみがふんだんに使われているのも頷ける存在。

東京でのうどん屋というと、飯田橋の雅楽とか、神保町の丸香とか、いくつかのジャンルでおいしいお店は結構あるけれど、山長はそれらと肩を並べるくらいのお店じゃないかと思う。

ここは、うどんの麺がこしがしっかりした太めのものと、喉ごしが素晴らしい細めの2種類から選ぶことができる。結構みんな太めのどっしりしたのをオーダーしている。

僕が好きなのは鴨せいろを細身のうどんで食べるというタイプで、だしがしっかり効いた鴨汁にうどんをくぐらせて食べるのは、まず間違いがない。このお店では結構味が濃い部類にはいるものかも。

ランチタイムには、だいたい並んでいるのだけど、5~10分で入れるので並んででも入った方がいい店だと思う。

恵比寿 うどん山長
住所:東京都渋谷区恵比寿1-1-5
ランチ11:30~16:00(L.O.15:30)
ディナー17:00~翌朝04:30(L.O.04:00)

東京都渋谷区恵比寿1-1-5

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください