米沢まで来たからには・・ということで、向かったのは米沢牛が食べられるレストラン。僕はどうも、旅におけるエンゲル係数が高い方だと思われる。でも、一食入魂がモットーなので、これはもう仕方がない。

とはいえ、資金には限度というものがあるので、カジュアルにお得に食べられると書いてあった登起波分店「登」に向かってみた。

お店は米沢の市街地というよりも、ちょっと離れた場所にあるんじゃないかという感じがしていて、郊外型店舗が並んでいる裏通りにある。

20131012-1219-17-04017

駐車場はすぐいっぱいになるらしく、隣の蕎麦屋には停めないでくれと書かれている。なので、ちょっと離れた場所に車を停めて向かう。休日のランチタイムに重なっていたので、あらかじめ30分くらい前に電話で予約をしてから行ったのだが、全然問題なかった。わりと空いている?

お店の雰囲気はゆったりしていて、高級感はそれなりにあると思う。ゆっくりとランチを楽しむにはいい感じ。

頼んでみたのは牛丼。1,500円もするわけで、そりゃもう確かに抜群にうまい。肉がしっとりと濃密な感じで、一杯で充分お腹が満たされる。

20131012-1243-47-04027

しかし、僕が感じたのは「吉野家ってこの3分の1の価格で本当にうまいもの出しているんだな」ということだ。本当に吉野家の企業努力はすごいんだと思う、ここの1500円の牛丼と同じくらいとはいわないまでも、いい勝負はしていると思う。

料理は高ければいいもの出せるんじゃないかと素人考えでは思ってしまうのだが、日本屈指の高級な米沢牛ともなると、結構コストパフォーマンスのいいお店かもしれない。

お店のレジ横にはその日に提供している牛肉のロット番号が書かれたボードが置かれているので、せっかくだから米沢牛をお得に・・というのであれば、こちらで牛丼あたりを食べるのはオススメだと思う。

登起波分店「登」
住所:山形県米沢市金池5-10-21
時間:11:29~21:00(肉だからこの時間開始なのか・・)

山形県米沢市金池5-10-21

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください