ホテル外観
ホテル外観

今回の旅において、酒田に泊まって鈴政で食事をするというのが目的のひとつとしてあった。で、そのためには酒田駅前のホテルにでも泊まって・・と思って予約したのだが、僕がなにを間違えたのか隣町にある鶴岡駅前のホテルを予約してしまい、このホテルに泊まることとなってしまった。

鶴岡と酒田は隣町とはいえ、25kmくらい離れていて列車や車だと30分、歩きだと4時間半くらいの時間がかかり、結構離れている。僕はたまにこういうおかしなことをやるのだが、これもまあ旅の醍醐味だろうっていう感じ。

で、実際にホテルアルファーワン鶴岡に泊まってみたのだが、さすがにかなりの田舎で寂れた町だという印象はうけるものの、ホテルはスタッフも親切だし、設備はちょっと古いけれど清潔に保たれている。そして、なにより部屋が広いという意外にもいいホテルなんじゃ・・と思ってしまった。

こういう失敗を失敗とも感じないというところは、旅において重要な心持ちじゃないかと思うが、実生活においてはただの脳天気なやつだといわれる可能性がある。

ホテルから鶴岡駅までは徒歩5分くらい。駅までの道のりの間には古すぎてむしろ新しいデザインのような感じもうける喫茶店、そして鶴岡なのに札幌ラーメンのお店など・・人通りはないが、そんなに不安に感じるような道のりではない。

ただし、ホテルのまわりにはちゃんとしたレストランなどはなく、ホテルの1階についている食事処みたいなところしかないので注意が必要。コンビニも見かけなかったが、歩いて数分のところにドラッグストアがあったので、そちらを利用すればいいんじゃないかと。

水回りにおいても、まあ普通のビジネスホテルといったところだし、なにより部屋が広いのはとても好印象。もしかしたら、僕はもう泊まることはないとは思うけれど、鶴岡近辺で手軽な安いビジネスホテルを探しているのであれば、こちらは充分おすすめするのに値するホテルだと思う。

かなり広々とした作りの客室
かなり広々とした作りの客室

予約は楽天トラベルで行った。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください