台南グルメのひとつに米糕(ミーガオ)という料理があり、これは台湾式の「おこわ」みたいな感じ。もち米を蒸してそこに豚肉とか椎茸とか粽に使いそうな具材や、甘めに漬けたキュウリなどを盛り付けた小さなどんぶりは見た目よりもお腹がいっぱいになる。

台南で食べたのは赤崁樓からほど近い落成米糕のものだけだったので、保安路にも人気のお店があるということでちょっと食べ比べしてみた。結論からいうとどちらも甲乙つけがたい美味しさ。どちらに行ってみてもいいのではないかと思う。

原大菜市排骨酥湯へのアクセス

美味しい小吃のお店がそろっている保安路沿いにある。近くには名だたる名店がそろっている。肉湯の老舗である阿村第二代牛肉湯とか、台南らしい蝦の肉圓が美味しい茂雄蝦仁肉圓など。

すぐ近くには阿明豬心冬粉もあるので、ついついそっちに行ってしまい、いままでなかなか訪れる機会がなかった。

原大菜市排骨酥湯について

米糕に限らず一品料理をいくつか提供している。30年以上の歴史がある食堂で行列ができるほどではないが、お客さんはある程度はいっていて賑わっている。

落成米糕や下大道米糕などとおもに米糕が美味しいお店として有名なので、ここはひとつ米糕を頼んでおくのが必須だと思う。小ぶりの器に入ってでてくる米糕は少量に見えるが、もち米を使っていることもあり案外食べ応えがある。

豚肉のタレがご飯にしみている感じは魯肉飯のようでもあり、食べ応えは粽のようでもある。これ一食に肉も野菜も入っているのが完結した世界観だなあって思っていて、小腹が空いたときに食べると一品でも満足感が高い。

人気店ひしめく保安路の小吃店のなかでも万人受けするいいお店だと思う。ランチから夕食にかけて行ってみるのがおすすめ。

米糕

原大菜市排骨酥湯
住所:台南市中西區保安路68號
時間:11:00-22:00
休み:不定休

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください