香港島からフェリーに乗ってやってきた坪洲島。散歩をしてみたのだけど、2月の香港は結構寒くて、天気もあまりよくなかったのでカフェでひと休みするかと商店街が集まっているエリアに戻ってきた。

孖發冰室はいわゆる古くからありそうな冰室(Ice room)と呼ばれるもので、いわゆる喫茶店のこと。このあたりいくつか喫茶店とか食堂があるので好きなところに行けばいいかなと思うのだが、孖發冰室の緩い雰囲気にひかれてはいってみることにした。

なかなか渋い店構え
古びた店内

積み上げられたコーラのケースとか、店先に置かれている古びた自転車とか、右から書かれた店名とか。ひなびた雰囲気が味わい深い。寒い日だったので、エアコンはついていなかった。お客さんはまばらで新聞読みながらコーヒー飲んでいたり、休日の朝食にパンをかじっていたりする。

コーヒーを頼んだのだけど、最初からミルクと砂糖が入ったスタイルで出てきた。シングルオリジンのハンドドリップうんぬんということではないインスタントなものではあるけれど、これはこれで美味しく感じるものだ。

音楽などはかかっていなくて、小さな音でテレビがついてニュースが流れている。とにかく静かでたまに常連のお客さんが店員と話すくらい。香港に来て、喧噪を逃れて離島の喫茶店でのんびりとする朝も悪くはない。

コーヒー飲んで過ごした

孖發冰室
住所:坪洲坪洲永安街2BB舖地下
時間・休み:不明

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください