香港の郊外は何回か来たことあるけれど、はじめて元郎のあたりにやってきた。香港島とはまた異なるヨーロッパっぽいトラムが走っていたりして、この街の散歩もおもしろそうだ。このあたりは吉慶囲もそうだし、客家の文化が残っていて客家料理を出すお店もあるみたいだ。ますます気になる。

ただ、今回の旅ではちょっとパスして向かったのは大榮華酒樓というお店。二階が飲茶レストランになっていて、ここはミシュランガイドに掲載されるくらいの有名店。ここにも行ってみたかったのだが、このあとランチをひかえていたため、断念して一階のショップに行ってみることにした。

お店の外観(工事中だった)

大榮華酒樓では飲茶のほか、月餅が有名で中秋節だけでなくいつでも買うことができる。香港人にいわせると「時期外れに買うのはどうなんだ」ってことになるのだが、旅行者の視点からすると「美味しい伝統的なお菓子」が季節を問わず買うことができるともいえる。

大榮華酒樓の月餅は伝統的なスタイルのもので、ひとつあたり結構大きくて重い。LCCで手荷物制限がある場合には注意が必要なレベルだと思う。コンビニで売っている小さいチーズケーキのホールサイズくらいある。

レトロな箱
結構でかい
なかには蓮の実

もともと大きな月餅を少しずつ食べるというスタイルだったみたいで、賞味期限が結構長いのが特徴。なかには蓮の実などが入っているものがあったりいろんな味付けがあるのでいくつか買ってみるのがいいと思う。人にあげるのもいいけれど、お茶菓子にしてちょっとずつ食べるのがいいかなあ。ただ、大きくて結構高いので配り土産にはならないです。

大榮華酒樓
住所:元朗安寧路2-6號2樓
時間:6:45 – 23:30(月餅売っている時間はもっと短いかも)
休み:おそらく不定休

Summary
shin
31star1star1stargraygray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください