2012年の大地の芸術祭でつくられた津南にある「出逢い DEAI」という作品が、限定公開されるというので訪れてみた。古い古民家をリノベーションして、外壁をペイントしたり、なかには流木を用いたオブジェがつくられたりしている。

ここは普段はコミュニティハウスとしても利用されているらしく、人が生活して家に手をいれているという感じがある。同じ古民家を使った作品でも廃屋になってしまう作品と人が住んでいる作品ではこうも雰囲気が変わるのかと思う。

この地方で冬場につくられている藁細工の編み目をモチーフとしたデザインが印象的で、すだれのようなカーテンのような布がかかっている風景はちょっとラウンジっぽい感じもある。

冬場に来たらまた印象は違うのかもしれないけれど、雪解けの春は水も豊かで美しく気持ちのいい風景だ。2018年の夏に行われる大地の芸術祭では開放されるみたいなので、今度は夏に訪れてみようかと思う。

出逢い DEAI
住所:新潟県中魚沼郡津南町秋成8683(大地の鼓動津南見玉公園、見玉不動尊近く)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください