越後妻有のなかでもっとも再訪問しているのが、津南の物産館にあるとんかつ屋さんだと思う。だんだん人気が出てきてランチタイムには待つこともあるのだが、この美味しさだし仕方がないなっていうくらい。

今回は閉店間際になんとか入り込んで食事をとることができた。夕方はガラガラで空いているので穴場かもしれない。

過去の訪問
とんかつ つまりへの再訪、やっぱり抜群に美味しい
「とんかつ つまり」で妻有ポークのとんかつを食べる
【店名変更】津南ポークの「とん豚」にリピートしてきた
【店名変更】津南の「とん豚」で絶品トンカツを食べる

このブログでの登場回数の多さからして分かるとおり、越後妻有に来たら津南ポークはかならず食べた方がいい食材だし、なかでもここのとんかつが絶品なのだが、地元っぽい慣れた人たちを見ているとラーメンとか生姜焼きとかを食べていたりする。気になる・・、ということで今回は生姜焼きを頼んでみることにする。

生姜焼き定食は妻有ポークの肩ロースを使っていて、処理がいいのかすごく柔らかい。ちょっと甘辛い味付けもご飯がすすむ。なんといっても南魚沼地区であるこのあたりはお米も美味しいので、ご飯だけでも満足できるくらいだ。

生姜焼き
ご飯もうまい
単品で頼んだメンチカツも美味しかった

ファーストチョイスとしてはやはりとんかつだよなあって思うけれど、揚げ物が苦手という場合には生姜焼きもいいのではないかと思える味だった。物産館でも冷凍の肉を売っているのでお土産に買って帰ってみるのもおすすめです。ただ、このお店の弱点としては閉店が17:00とはやいこと。ランチでの利用がやはり定番かなあ。

とんかつ つまり
住所:新潟県中魚沼郡津南町大字芦ヶ崎乙203番地
時間:11:00-17:00
休み:水曜日

Summary
shin
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください