昨年、和菓子店の方に訪れてわらび餅の美味しさに感動した腰掛庵にふたたび行ってきた。

今回も迷わず、わらび餅と和菓子を購入した。しかし、人気のあまり本店で営業できなくなったというかき氷が気になる。お店の人に聞いたら、わらび餅が入ったかちわり氷ならまだ売っているかもというので「かちわり氷ってなんだ?」と思いつつ、かき氷を売っているところにも行ってみた。

前回の訪問:腰掛庵のわらび餅は絶品の和菓子、必ず行ってみてもらいたいところ

かき氷の販売はここ数年は本店ではなく、少し離れた山形県総合運動公園内の東屋で行われている。少し離れた・・とはいえ数キロはあるので歩いて行くのはちょっと難しい。車で行くのがいいと思う。駐車場は総合運動公園内にかなり広大にあるので、週末でも困ることはないと思う。

いまはお菓子の販売のみの本店
本店で買える和菓子は絶品

かき氷に関しては朝の営業前に整理券を配布して、それで1日分のかき氷がすべて売り切れてしまうとのこと。本当にすごい。いつか食べてみたいかき氷だ。食べている人をみかけたが、結構大きくて涼しげな器にのっていて見た目にもきれいなかき氷だった。

かき氷以外はというと、「かりんこりん かちわり 抹茶わらび氷」という廉価版かき氷みたいなものがあり、それならば整理券もなく食べられるとのことでオーダーしてみる。そして、こっちの出店でもわらび餅は売っていたので、和菓子を買うのではなければ、こちらの方だけ来ればよさそうだ。

かき氷などは山形総合運動公園にておこなっている
かりんこりん かちわり 抹茶わらび氷

抹茶わらび氷はタンブラーっぽいプラカップに入っていて、それほど大きくない。かき氷みたいに氷を処理していないので提供しやすいのかもしれない。氷をがりがりかみ砕いたりするのもいいのだが、やはりここでもわらび餅が絶品。固くなったりするのかと思いきや全然そんなことなく、ぷるぷるなわらび餅の食感とがりっとした氷の歯ごたえのバランスが面白いし、あんこや練乳などの甘さを抹茶がほどよく打ち消しているバランスのよさもある。これは最高に美味しいな。

比較的提供しやすそうなかち割り氷ですらこのクオリティ。ますますかき氷の存在が気になってきた。朝イチで整理券に並ぶ価値はあるのかもしれない。

腰掛庵:お菓子の販売のみ
住所:山形県天童市北目1-6-11
時間:9:30-17:00
休み:月曜日(祝日の場合水曜休)

腰掛庵:かき氷販売
住所:山形県総合運動公園内

Summary
shin
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください