鶴岡で洋館めぐりの散歩をしたあと、前から気になっていた藤沢周平記念館に行ってみた。「蝉しぐれ」など時代小説の作家として有名な藤沢周平は鶴岡の出身なのです。

そして、直筆の原稿や資料や書斎の再現、なんなら昔済んでいた家の庭木までも移植していて藤沢周平の世界観を感じることができる。

これは庭木・・・?

つまり、藤沢周平の作品をいくつか読んでいないとまったく面白くないとは思うけれど、藤沢作品に出てくる架空の藩である海坂藩の風景がこの鶴岡に広がっていて、その地にあるこの記念館も含めて訪れてよかったなと思えるところだと思う。

記念館の展示では鶴岡や庄内地方の文化に関する資料もあって、藤沢周平作品の世界観を鮮やかな色で感じることができるのがいいな。小さくてシンプルな文学館ともいえるところだけど、いいところだった。

藤沢周平記念館
住所:山形県鶴岡市馬場町4-6(鶴岡公園内)
時間:9:00-16:30
休み:水曜日(休日の場合は翌平日)、年末年始

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください