合元寺でのんびりして、ふたたび食べ歩きを開始。お寺からほど近いところにあるから揚げ店に行ってみることにした。ここはお弁当屋さんみたいな感じでいわゆる「観光客が想像するから揚げ店」という感じがする。店内はテーブル付きのイートイン席があって、いままでのお店に比べると比較的広々としている。

お店の外観、ちょっとお弁当屋さんみたいでもある
かき氷あったので買ってみてしまった

そして、ここではから揚げ以外のメニューもあるので、店名は「から揚げ」だけど街のお弁当屋さんに近い存在かもしれない。かき氷があったので、ちょうど喉がかわいたなと思って頼んでみたのだけど、これがなんと100円だった。昔ながらの感じで美味しかったのだけど、シロップがたっぷりかかっていたので、この甘い濃さに逆に喉がかわいてしまった。オアシスで塩水を飲んで絶望した旅人みたいな気分だ。

から揚げはシンプルな味

から揚げはシンプルな塩味。メニューにはむね、もも、手羽先、なんこつとかバリエーションがあったのだけど、ここは定番でももだけにしてみた。もものから揚げは、ちょっと大きめで無難な感じが食べ飽きない。いろいろなところで食べてみて、やはり最初に戻ってくるみたいな安定感がある。特徴的なものはないのだけど、無難な味わい。食べくらべのお店にはちょうどいい感じするけど、中津にきてここだけでから揚げを食べたというのはもったいないかな。

からあげ屋 からいち
住所:大分県中津市古魚町1645
時間:11:00-20:00
休み:火曜日

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください