門司港でランチといえばいくつか有名どころはあったのだが、今回はグループでの旅行ということもあり、門司港界隈では定番過ぎる定番みたいなお店に行くことになった。

門司港に接岸している船がレストランになっているのだが、船自体は航行することができず常に接岸している状態。海賊船という店名がちょっと皮肉に思えてしまう。そして、動かない船は老朽化もはやく、いまでは陸地に移転したとのこと。

お店の外観

ここは芸人のロバート秋山さんの父親がやっているお店として有名で、使える資産はすべて惜しみなく出しているのが潔い。ここを訪れた芸人の写真や、なんならオリジナルメニューまであって地方によくある芸能人がやっているお店というものが究極的に突き詰めたらこうなるという感じがある。たぶん、このスタンスは陸地に上がったいまでも変わっていないかと。

入口
これが焼きカレー

おすすめであり定番のメニューは焼きカレーのランチ。そうだよな、カレー好きは多いだろうし、これを出しておけば大丈夫という最大公約数を狙ったところに、このお店の強みがあると思う。観光地で地産地消とかではなく、芸能人のお店ってこうではなくては、ということもあり正直料理についてはどこでも食べられる普通のものだとは思う。でも、店内のふりきったおかしさみたいなものはある意味必見かもしれない。興味があれば。

おもしろい体験ではあったけれど、自分で旅行するなら選ばないだろうなあ・・とも思う。

ファンキータイガーカリビアン(現在は「ファンキータイガーアジト」に改名して移転

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください