食事もとったし、いったんホテルに戻ろうかと思ったのだけど、しかし、その前にちょっとお土産を先に買っておこうかと考えて気になっていた店にいってみた。

肉伯火雞肉飯の二軒隣くらいにある古めかしいお店は台南でも昔からある茶葉のお店。今回泊まっている正興咖啡館とか林百貨でかわいいパッケージのお茶をみかけていて、これどこのだろうと気になっていたところだ。ようやくそれが、この奉茶來恁兜だと知り、そして意外といままで通り過ぎていたところにあることを知り早速行ってみることにした。

お店の外観、アンティーク

台南でのお土産といえばパッケージもかわいくて味もたしかな信裕軒のお菓子とか、米街の通りにある茶葉専門店で売っている茶葉とか、はたまた合成帆布の小さなトートとか色々ある。

そして、今回みつけた奉茶來恁兜の茶葉もティーバッグに個装されたものがありそしてパッケージもかわいく値段も手頃なので、台南でのお土産のバリエーションが増えた感じがある。店内はアンティークっぽい感じがあり、古めかしい茶器などが雑多に置かれていたりする。

壁一面の茶葉のパッケージ

壁一番には様々な包装をされた茶葉が陳列されていて、これが見た目にも美しい。それぞれ古い台南の街並みのイラストや結婚式にだす引き出物みたいなデザインとか色々あって目移りしてしまう。店員さんがカタコトの英語とかで説明してくれるのでお土産選びの参考にしたい。これ、お土産に渡すと結構喜ばれます。

もちろんちゃんとした茶葉もあってそれも気になるのだが、値段が高くて僕にはもったいないかなあと思ってしまう。隣にはティースタンドもあって鉄観音茶に白樺のフレーバーとかなんで日本にないんだという爽やかなフレーバーティなどもあり、ちょっとひと休みするにもいいところだ。

いままでなんで知らなかったんだろうというくらい便利な場所にあるのでお土産選びにも便利だと思う。

隣にあるティースタンドもよい。

奉茶來恁兜
住所:中西區公園路8號
時間:11:00-22:30

Summary
shin
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください