肉伯火雞肉飯でさくっと夕食を食べたけど、これはまだ夜のはじめ。今日の夜のメインはそこから歩いて数分のところにあるいわゆる普通の中華料理店に行ってみることにした。

上海華都小吃は台南ではめずらしく、丸い大きなテーブルと小籠包や酢豚などのいわゆる普通の中華料理を出すお店。前から気になっていたのだけど、台南に来て小籠包かというのもあってなんだか足が向かなかったのだが、一度は食べてみようかと行ってみた。

小籠包

店先でもうもうと蒸し上げている小籠包は薄皮ということではないのだが、肉汁もたっぷりでこれは美味しい。僕はよく知らなかったのだが、「松針小籠包」という蒸籠に松の葉をしいた上で蒸す小籠包のスタイルを開発したのがこのお店とのこと。香りまで考えなかった。。

そして何より安いのです。この手軽さでちゃんと小籠包が食べられるというのは幸せなことだ。高いお店に行っている場合ではないなって思う。

そして酢豚

試しに頼んでみた酢豚もまた日本の中華料理店みたいな感じで美味しい。本当に街の料理店という感じなのだろうな。観光客はいなくて地元の人で賑わっているのだけど、たしかに家の近所にあったら毎週のように通ってしまうかも。それくらい安くて魅力的なお店だと思う。

台南らしさというのは全くないのだが、中華料理が食べたいなっていうことであれば来てみる価値があると思う。

上海華都小吃
住所:台南市民権路二段28号
時間:10:30-21:30
休み:不定休

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください