このお店も無聊郎懷舊冰品冷飲と同じくブログを公開するまでに閉店してしまったお店。台南に住んでいる人に連れて行ってもらったところで、赤嵌樓の近くにあり行列の絶えないお店だった。

日本語でも「羹(あつもの)」という名前があるが、これは台湾ではとろみのあるスープ料理であり、東巧鴨肉羹はアヒル肉をつかったスープが有名なお店。

鴨肉羹
鴨の血を固めたやつ

店内はそれほど広くないので並ぶこともあるのだが、回転がはやいのでそれほど待つことはない。そしてここの鴨肉(アヒル)は肉の旨みがあって美味しかったなあ。出汁のきいたとろみのあるスープもまた絶品。これはお腹がいっぱいでも食べられてしまう味だ。

手羽先のように肉だけというのもあり、これもまた美味しい。前に台北で食べた鴨肉店の料理も美味しかったけれど、ここのもまた絶品だ。そう思うと閉店してしまったのが惜しい。

先日台南を訪れたときには武廟肉圓が跡地に引っ越してきていた。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください