赤嵌樓のすぐ近く、東巧鴨肉羹の隣にあるこちらも地元で人気のお店とのこと。冬瓜のお茶ってどんなのだろうかと思ったら、お茶というジャンルではないがフルーツジュースみたいな感覚ではすごい美味しかった。

祀典武廟の向かい側にあるので観光にも便利なところ。いままでも、前を通りかかっていつも行列しているお店だなと思っていたのだが、お茶のお店、なかでも冬瓜のお茶だったとは。

お店の外観

冬瓜の実を砂糖で煮詰めたものが原料となっていて、それをお茶で割ったり、タピオカをいれてみたりというバリエーション。こちらでは健康飲料というジャンルでもあるようだ。

味は砂糖で煮詰めていることもあり、かなり甘みが強い。お茶として飲むとびっくりすると思う。でも、意外とすっとした甘みがあって僕はすごく好きだな。少しクセのある感じが馴染みのない感じだがそれがまたよい。

これが冬瓜茶

地元の人の視点からみると台南ってまた新しい発見があるものだなあって楽しい時間だった。

義豐阿川冬瓜茶
住所:台南市中西區民生路一段122號
時間:9:00-22:00

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください