エアアジアでクアラルンプールについたのは6:30なのだけど、入国とかで時間がかかると踏んでいたので少し余裕をもって移動する予定を組んでいた。

クアラルンプールからイポーまでの移動はバスや飛行機などもあるのだが、鉄道での移動が時間もよめるし快適な気がする。クアラルンプールのターミナル駅であるKLセントラルとイポーの間は1日10本以上の特急がとおっていて2時間半くらいで移動できる。車両はヨーロッパ製のものでエアコンも効いていて(すごい寒いくらいエアコンが効いている)座席も広くて快適。

クアラルンプール駅
クアラルンプールセントラル駅にて。イポー行きの特急。
車窓はわりと単調

ただ、わりと混雑する区間みたいなので特急列車はあらかじめ予約しておいた方がいいと思う。というか週末にかかるのであれば予約しておく必要がある。チケットはインターネット(https://www.ktmb.com.my/)で予約できて発券もプリントアウトで対応できるので便利。料金も安いのでイポーへの移動にはこれがベストだと思う。

僕が今回乗ったのはこのスケジュールなのだが、時刻はわりと細かく変更されることがあるみたいなので予約するときに確認してみてほしい。エアアジアでクアラルンプールについて9時くらいにはKLセントラル駅までつけたので、ちょっと時間を持て余すところはあったのだが、そこはお土産とかを買って時間をつぶすのもいいと思う。

イポー駅
帰りの特急に乗り込む

9052 – KUALA LUMPUR to IPOH
KLセントラル:10:39
イポー:13:05

9025 – IPOH to KUALA LUMPUR
イポー:09:00
KLセントラル:11:17

車窓の風景はだいたいが荒れ地みたいなところを通り抜けていくので、変化に乏しくあまりみていて心躍る感じはないのだが、ジャングルとかもあったり、原野の先に小さな町があってそこに停車したりと旅情はある。なにより、マレー鉄道の一部を少し乗ることができるというのはいい旅の体験じゃないかなって思う。ただし、車内はちょっと信じられないくらい冷房が効いていて寒いくらいだ。エアアジアの機内といい、南国でまさかダウンベストを着ることになるとは。

予約はマレー鉄道のサイトにて。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください