クアラルンプールについて、WOLO Kuala Lumpurにチェックインして荷物置いてさっそく観光にでかけてみることにした。今回のクアラルンプール旅では、イポーと同様にチャイナタウンに行ってみることにした。

クアラルンプールのチャイナタウンはそこそこ大きくて賑わっている。神戸の中華街を思い出した。今回行ってみた汉记靓粥は1949年創業の老舗で日本のガイドブックにも載っているらしい人気店。しかし、フードコートみたいなところに屋台だけある感じで、普通に行ったら見逃してしまいそうな感じがする。

お店は屋台みたいな感じ
お粥が美味しかった

朝4:00から14:30までの営業ということで、もうすぐしまりそうというタイミングだったのだがお粥を食べることができた。とろっとしたお米のスープみたいな感じで香港のお粥みたいな感じがする。出汁の味がきいていて外は暑かったのだが気にならず、一気に食べてしまった。

朝に来れば刺身とかもあるらしいのだが、チャイナタウンに泊まらないとここまで来るのは難しそうだなあ。でも、クアラルンプールの朝食としては汉记靓粥はいいと思う。

汉记靓粥 since 1949
住所:93, Jalan Hang Lekir, City Centre, 50000 Kuala Lumpur
時間:4:00-14:30
休み:不定休

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください