今回、冬のベルナティオに泊まる目的は大地の芸術祭のひとつとして開催されている「雪花火」を観るため。これは、ベルナティオの敷地内で打ち上げられる花火で、ただ雪のなかで打ち上げられるだけでなく、距離はかなり近いのが特徴。そして、雪のなかに見学者がランダムにおいたLED電球のあかりが星のようにまたたいているのも観ていて美しい。このLEDは雪花火の終了後に回収するみたい。

雪花火の打ち上げは夜なのだけど、昼くらいから賑わっていて屋台で御飯を食べたりすることもできる。打ち上げ花火の写真をきれいに撮ることが出来るカメラ席はすでに三脚が並んでいる。ここで、関西に住んでいる友人に会ったのは本当にびっくりした。

だんだんと日が暮れてくる。すごいきれいな景色。
参加者が好きな場所にLEDライトを置いて行っている。ここにこんな置くんだ。。
夕暮れ
いよいよ夜がはじまる

雪花火自体は10分くらいのものなのだが、なにせ寒いしそれくらいでいいと思う。ただし、打ち上げ時間ぎりぎりに会場にくると入口付近に滞留する人たちを越えられず見学はかなり難しそう。ちょっと前にきて、できるだけ奥まで行った方が比較的ゆっくりと観ることが出来る。

夜が暗くなってくるとライトの明かりが目立ってくる
花火をまつ
そして、雪花火。花火のひかりが雪に反射してすごくきれいだ。
不思議な風景

最後はスターマインにしめた

雪のなかでみる花火ってすごく新鮮な感じで、そして雪に反射する花火の光もあってすごく明るく感じる。10分程度の一瞬の夢のようなイベントなのだが、遠くまで見に来てよかったなって思えるものだ。ベルナティオに泊まっておくと花火の見学もセットだし、なにより終了後にすぐ部屋に戻って温泉に入ることが出来るので便利だと思う。

当間高原リゾート ベルナティオ

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください