八丁堀のあたりは昼夜とわず、穴場な感じで名店が多い。ランチでこのあたりに来たときに行ってみたのは、やや宝町よりにある「ロダン」というカレー店。山小屋みたいな風情で富良野にある唯我独尊みたいだなって思ってしまった。

ランチタイムはかなり賑わうのだが、回転がはやいのでそれほど並ぶことはないと思う。ただし、一部の人気のカレー系は売り切れてしまうことが多いみたいだ。僕が行ったときもすでに売り切れていた。

ちょっと山小屋感のあるたたずまい

「ロダン」のカレーはインドカレーというよりも、昔ながらにある洋風なカレーという感じ。でも、カレーにかけられたソースはちょっと前衛芸術っぽい感じで見た目にも美味しそう。味わいは、スパイスよりもさきにちょっと焦げたようなコクがある。焦げとはいえ、不快なものではなくて燻製っぽいいぶした香りみたいな感じなので食欲をそそる。

カツカレー、見た目にも美味しそう

それほど辛くはないのでランチに食べるにはちょうどいいくらい。一瞬みたときは量が少ないかなって思えたが、食べてみるとそんなこともなくちょうどいいくらいだった。ちなみに、カレーのルーは多めでっていうカスタマイズができることを後で知った。試してみればよかった。

八丁堀はここ以外にも美味しそうなお店が多くて、気になるエリアだ。東京駅からもほど近くて交通の便がいいので、ロダンに限らず、時間があるときに開拓していってみたい。

ロダン
住所:東京都中央区八丁堀3丁目8−4
時間:11時00分~15時00分 18時00分~21時30分
休み:不定休

Summary
shin
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください