4月にはいったばかりのタイミングで、一度は見てみたいと思っていた関西圏の桜の花見をするために大阪まで行くことにした。

旅行の予約はExpediaのダイナミックパッケージを利用したのだが、飛行機にLCCも利用できてわりとお得な旅行になったと思う。夕方に成田空港まで行ってそこから一気に関空まで。飛行機はバニラエアだったのだが、1時間程度のフライトだと、とくになにか感慨深いできごとがあるわけでもなく。数千円で大阪まで移動できるのであれば安くて便利だ。

成田空港第三ターミナル
バニラエアで関空まで

関空はLCC向けの設備も充実していて、なによりよかったのはターミナルをでてすぐに駅につながっているところ。成田とかは第三ターミナルはかなり虐げられているし、羽田もやたらと遠い感じがあるのだが、関空は本当にすぐ駅にアクセスできるのが驚いた。

成田と比べて関空は空港と駅が近いということにすら感動する
そして、これら関空となんぱを結ぶラピート。
かっこいい
車内も豪華

機内で南海鉄道の割引切符を売っていたので購入しておちいたので、少しくらい待ってもラピートという特急列車でなんば駅まで移動していった。この特急、ものすごい豪華でかなり快適。そして外観も東京圏ではみかけない派手さでかっこよかった。こういうのをみると旅行しているなって思う。

そして関空には関西のお土産物屋さん結構多いので、はやめにきてお土産買っておくのもいいかと思う。Expediaのダイナミックパッケージはお得で便利だった。

帰りの関空。バンコクのスワンナプーム空港に似ている。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください