元町駅前の「四興樓」はわりと空いていたのだが、中華街の繁華街である南京町の中心にある「元祖 豚饅頭 老祥記」はお店の外まで行列が続く人気店。

とはいえ、僕が訪れたタイミングは奇跡的に列が短かったみたいなのですかさず並んで豚まんを食べてみることにした。そう、最初は豚まんを食べ比べする気などなかったのだが、ふいに訪れたチャンスを逃さなかった結果、豚まんを食べ歩くことになってしまった。

行列が絶えないお店

こちらのお店は豚まんをテイクアウトと店内で食べるふたつのパターンから選ぶことができる。四興樓で買った豚まんを食べ歩くのに少し苦労したので、こちらでは多少待っても店内で食べることにしたのだが、結果としてその方がよかった気がする。

店内は大混雑でもちろん相席なのだが、アツアツの豚まんを箸を使ってちょっとずつ食べられるのはすごく安全な気がする。注文は3つからなのだが、小ぶりなのでひとりでも3つはいけるかと思う。たぶん。

肉まんは3つからオーダー

ちょっとでかい小籠包のようにも見える豚まんなのだが、かなりの具だくさん。ここも皮は厚めなのだが皮の甘さみたいなものは感じず、少し濃いめに作られた餡の肉汁を受け止めるような感じがある。豚まんがものすごい熱いのと店内の混雑もあり、黙々と食べる感じ。

中華料理をどこかで食べるくらいだったら、豚まんを食べ歩いた方が楽しいんじゃないかなって思うくらいどちらの豚まんも絶品だった。ううむ、関西の豚まんはレベルが高い。

元祖 豚饅頭 老祥記
住所:兵庫県神戸市中央区元町通2丁目1−14
時間:10時00分~18時30分
休み:月曜日

Summary
shin
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください