ヒカリヤ ニシでランチを食べて、松本市内を散歩してまわる。天気もいいし、遠くにみえる北アルプスもきれいだし、ひさしぶりに松本城の天守閣にあがってみようかなと行ってみた。

松本城の敷地にはいってお堀を眺めると巨大な鯉が悠々とすすんでいる。水が澄んでいて光の加減でまるでちょっと飛んでいるかのようにも見える。入場料をはらって敷地にはいる。城内の展示については前回の記事の通りで昔の武具などいろいろなものが展示されている(松本城のなかに入ってきた)。

松本城と北アルプス
お堀で鯉がゆうゆうと泳いでいる
ひさびさに天守閣にのぼってみる

急な階段をのぼって天守閣にあがり松本市内を一望すると西側に見える北アルプスは頂上付近に雪が残っていて手前にみえる新緑の風景とのコントラストも美しい。この風景を普段からみているこの街の人たちがうらやましく思える。

お堀の水もきらきらと輝いていて、そして松本市街が一望できる。このあたりだともっとも大きな街ではあるけれど山に囲まれた盆地でこぢんまりとしたいい街だなあって思う。松本には何度も来ているけれど、たまに天守閣まであがってみると新しい発見や美しいものを見つけることができて、ちょっとしんどいけれどのぼってみるものだなと改めて思った。

天守閣から松本市街を眺める
北アルプスがきれいにみえる

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください