信州旅へ行ってきた翌週、今度は那須へ日帰りの小旅行をしてきた。この旅のあと、2週間くらい海外旅行へ行くこともあり、その前に日本の初夏を味わっておくかという小旅行。この日もやたらと天気がよくて梅雨前の気持ちがいい初夏の週末だった。

早朝に車で出発して、東北道を北上していく。途中の上河内サービスエリアで軽食でもつまむかと思ったら宇都宮餃子の豚嘻嘻がお店を出していたので早朝から餃子を食べることにした。朝7:00から営業しているのはすごい便利だ。フードコートでうどんとかすすっている場合ではないな。羽根つき餃子はパッケージされたかのような見た目だったが、小ぶりでちょっと小腹をみたすにはちょうどいい感じがした。

そして那須に到着。さっき食べた餃子のことはさておき向かったのはチーズガーデンのショップ敷地内に併設されているしらさぎ邸というカフェ。ここは朝9時半から営業しているので朝食を食べるにはちょうどいい。気持ちのいいテラス席でのんびりしながら見た目にも美しいドイツ風パンケーキを食べたりした。

しらさぎ邸のテラス席
そして苺のドイツ風パンケーキ

今回、那須に来てみたのは奈良美智の個人美術館である「N’s YARD」に行ってみたかったからというのもある。ということで、しらさぎ邸からもほど近い美術館に行ってみた。裏道に入ったところにあって通りから美術館があるように見えない。小さな美術館だけど。奈良美智の作品や影響をうけたレコードや作業風景など作品の背景にある世界観を知ることができたりするのは興味深い。本当に小さな美術館だけど、奈良美智に興味がある人には素敵な体験になると思う。

N’s YARD

そして、那須を南北に縦断するかのように移動して向かったのはほぼ福島県境にある森林ノ牧場という小さな牧場。気のいいヤギと小さなカフェ、ギャラリーがあってどれも暖かみがあって作り手の顔がみえるいい空間だなって思う。放牧しているところに入ることもできて、森の中をのんびり佇む牛とか見ているだけで癒やされるものがある。バターのいとこというゴーフレットも美味しかったなあ。

森林ノ牧場
森林ノ牧場
森にたたずむ牛

早めに那須をあとにして、宇都宮で高速道路を少し降りて宇都宮餃子を食べてみることにする。宇都宮餃子といえば正嗣というくらい有名なお店らしい支店に行ってみたのだが、軽い口当たりの餃子はいくつでも食べられてしまいそうな感じがあり、宇都宮で餃子の消費量が多い理由がわかる気もする。美味しかったのだが、接客には要注意ではある。しかしまあ、それもまた旅の醍醐味ということにしよう。

梅雨前の初夏をぞんぶんに味わえるいい小旅行だったなあ。なんで俺、海外旅行行くんだろうって思ってしまうくらい美しい風景や美味しいものを食べた旅だった。

正嗣の焼き餃子

この旅の記録:初夏の那須にショートトリップ(2018年6月)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください