モスクワで必見なのは赤の広場とそこに隣接しているクレムリン。クレムリンはタイのバンコクにある王宮みたいに宮殿と寺院の複合施設であり、そして議会も併設されているという国の中心的な存在になっている。当然のことながら警備は結構厳しい。ちょっとルートを離れてふらふらと出ていくと警備員に怒られたりする。

クレムリンの入場にあたりチケットセンターでチケットを買う必要がある。ワールドカップ開催期間中で混雑しているということもあると思うがこれが大行列で、窓口に並ぶと1日がかりになってしまうんじゃないだろうかというくらい並んでいる。

クレムリンに入るチケットを買うために壁にそって続く公園を歩く
チケット売り場、手前が窓口なのだがこの行列が売り場の外まで果てしなく続いている。
一方、チケットの自動販売機はさくっと購入が可能。
トロイツカヤ塔からクレムリンに入る
入口には大統領連帯と呼ばれる精鋭部隊
国立クレムリン宮殿、旧ソ連時代は共産党大会が開かれていたが、いまではコンサート会場になっている。
ここからクレムリン宮殿、クレムリンの赤い星とかみえるのだが、向こう側に行こうとするとめっちゃ怒られた。

しかし、チケットセンターのなかにある自動券売機は全然並んでいなくて普通にチケットを買うことができる。クレムリンのなかでもうひとつの見どころである武器庫(宝物殿的なところ)の入場券は券売機で売っていないのだが、クレムリンをみるだけならば自動券売機でチケットを購入することが断然おすすめしたい。

昔の武器などが展示してある。この武器への無駄とも思える装飾。
ちょっと美しさも感じてしまう装飾だ。

クレムリンについては建物内は撮影不可となっていて外観のみとなる。外観はどれもロシア正教の丸屋根で巨大で荘厳なつくりなのだけど、建物内に描かれている聖母像や肖像画はすごく素朴。ロシア正教ってもともと厳しい自然に立ち向かうためのよりどころだったんだろうなと想像する。ロシアという国について理解を深めるためにも訪れる価値がある場所だと思う。しかし、混んでいたな。

クレムリンの中核となっている大聖堂広場。
国立クレムリン宮殿
生神女就寝大聖堂は、モスクワの宗教的中心
生神女就寝大聖堂はクレムリンのなかでも圧倒的な存在感がある
生神女就寝大聖堂の入口。
イワン大帝の鐘楼、建設に300年かかったとか。
この建物も美しい。

クレムリン(Московский Кремль)
時間:10:00-17:00
休み:木曜日

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください