グム百貨店での買いものもパスしてロシア土産を買ったのはモスクワ郊外にあるイズマイロフ市場(イズマイロフスキー・ヴェルニサシュ)。つぶれて廃園になったテーマパークを居抜きでお土産物の市場にしたらしくやけに目立つお城が遠くからもみることができる。ちょっと不思議なテーマパーク兼巨大ロシア蚤の市みたいな感じだ。

今回の旅ではモスクワ郊外のブリバール・ロコソーフスカヴァ駅(Бульвар Рокоссовского)近くのアパートに泊まっていたので、イズマイロフ市場はなんと隣の駅。地下鉄1号線のロコモティブ駅(Локомотив)から歩いて行った。まさしく郊外といった駅前から歩いて行くこと20分くらい。

途中、道を歩いていたらみつけた線路、どこに向かっているんだろう。気になる。。
これがイズマイロフ市場(Вернисаж в Измайлово)、遠くからでもすぐ分かる。
ということで到着
市場が近いのはこちらの出入口

宿に戻るときは面倒になってGETTというタクシーアプリつかって戻ってきた。市場周辺はタクシーがたむろしているのだが、アプリを使ってそのタクシーを手配した方がトラブルが少なく結果安いのでおすすめです。というか、よくよく地図をみたら隣のIzmaylovo駅(Измайлово)から歩いて行った方が近かったことに後で気づく。どちらにしても行きは地下鉄、帰りはタクシーくらいの気持ちでいくのがいいかも。

ロコモティブ駅からイズマイロフ市場への徒歩アクセス(途中に陸橋あり)

イズマイロフ市場はもともとテーマパークだったのかな?という市場向きではない造りになっている。そして、かなり巨大な市場になっている。なんだかんだと3時間近く滞在したのだが全てをみた感じはない。バンコクのウイークエンドマーケットにいるような絶望感がある。並んでいるものは基本的にお土産物ばかり。なので、ひたすらマトリョーシカが並んでいる。マトリョーシカは大きさと絵柄で値段が決まるらしくどこのお店に行ってもほぼ同じ値段の階層わけがされていた。でも、何個か買うと割引してくれるのでまとめ買いするのもいいと思う。

市場のなか
ひたすらにマトリョーシカ
あちこちにマトリョーシカ
サンタクロースもいる
キジー島の教会っぽい木造の建物
旧ソビエト時代のバッジコレクション

それ以外には旧ソ連時代のガラクタというかアンティークなものも結構あって、そういったものが好きな人(つまりは僕のことだ)にはたまらなく楽しい。ピンバッジ屋をみつけて昔のバッジを探したり値段交渉をひたすらにしていた。日本に戻ったらバッジの部分をピンに改造しようと思いつつまだやっていないのだけど。これもいい旅の思い出だ。

食事についてはバーベキューみたい店みたいなのが並んでいてそこで食べることができる。安くはないのだがまあ楽しいのとこういうジャンクなものをあまり食べてなかったので美味しく感じる。結果としては小物をひたすらに買って満足したのでモスクワでの買いものはイズマイロフ市場まで来ればいいかなって思うけれど、なにしろモスクワ市街地からは遠いのでここまで来る価値があるかどうかっていわれるとやや微妙。普通に買いものするだけならば赤の広場にあるグム百貨店でいいと思う。僕は泊まっている宿から近かったので来たからラッキーだったな。

歩き疲れたので食事、こんな感じでバーベキューの店が並んでいる
ラムの炭火焼き、これはうまかった

しかし、その後旅をつづけていくなかでエストニアのタリンへ行ったらここより遙かに安い価格でマトリョーシカとか旧ソ連時代のアンティークを売っているのを発見してしまい微妙な気持ちになった。エストニアまで旅行するならばここで買いものしなくてもいいかもしれない。

ということでピンバッジを購入
マトリョーシカ、小さくなるにつれ雑な感じになる

イズマイロフ市場(Вернисаж в Измайлово)
住所:Измайловское ш., 73Ж, строение 2, Moscow, ロシア 105122
時間:10時00分~18時00分
休み:不定休

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください