モスクワ滞在数日目だったかな、ようやくワールドカップの試合をみてきた。ロシア最大級のフットボールスタジアムで81,000人が入ることができるルジニキ・スタジアムでの試合がみたくて組み合わせが分かる前にチケットをおさえたのだが、案外面白そうなチケットでよかった。

ワールドカップの試合当日はFANパスをもっている人は公共交通機関を無料で利用できる。地下鉄1号線の始発駅であるブリバール・ロコソーフスカヴァ駅(Бульвар Рокоссовского)でパスをみせたら駅員にすごい羨ましがられてそして恭しくゲートを通してくれた。たぶん、ちょっと珍しかったんだと思う。

試合当日の地下鉄は大混雑
おしゃれなボランティアスタッフ
トイレの用意もばっちりです
ということでスタジアム

1号線に乗っていくとルジキニ・スタジアムまでは一本で行くことができる。地下鉄のなかではおもちゃのボールつかってフットボールする人や、ポルトガルサポーターをみつけると「メッシ!メッシ!」と挑発するモロッコサポーターなど早くもお祭り騒ぎで臨戦態勢。いやそれにしても「メッシ」で挑発してくるとはモロッコサポーター本気だな。後で知ったのだがモロッコがワールドカップに出るのは1998年大会以来5大会ぶりで家財を売り払ってでも観に来る人たちがいたらしい。国歌斉唱のとき感動したのか泣いている人いたものな。気合い入っている。

ポルトガル推しなロシア人サポーター
どうやら、クリスティアーノ・ロナウド推しでした。てか、ワールドカップ楽しい。
ロシアらしい感じの人たちも多数

ポルトガルの方は余裕が感じられる雰囲気だし、地元ロシアでもおもにクリスティアーノ・ロナウドの人気が高くポルトガルの応援をする人たちが多い。ポルトガルの国旗を羽織った女の子はじつはモスクワに住んでいるロシア人でロナウドをみに来たのだという。モロッコサポーターはおっちゃんが多くて少数派。

とはいえ、試合はかなり白熱したもので面白かった。試合開始早々にコーナーキックからロナウドが得点を決めるのだが、そのあとは終始モロッコペースでポルトガルと似たユニフォームのモロッコがまるで試合の王者のようにポゼッションを維持して試合をすすめていた。モロッコはいいところまでボールを運べるのだが最後のフィニッシュを決めきれず時間が過ぎていく。

さて、スタジアム入ります
8万人は入るスタジアム、巨大だ
天気よくて気持ちいいなあ
そろそろ試合がはじまる
モロッコサポーター、気合い入ってます。
フリーキック蹴ろうと仁王立ちしているのがクリスティアーノ・ロナウド

この試合に負けると予選敗退となってしまうモロッコは熱い試合をしているのだがポルトガルの守りを突破することができずに負けてしまった。モロッコサポーター、すごい沈黙していて悲しそうだったなあ。ポルトガルは予選突破の確率をあげてきたけれど、結果ほどの実力の差はなかったと思う。

帰りはもうあまりの混雑で地下鉄に乗ることができず数駅分歩いてなんとか帰ってきた。それでも、ワールドカップは世界最大のお祭りでありみに来てよかったなあと思えるものだった。モスクワでの滞在もこれで一仕事おえた感じだ。

ルジキニ・スタジアム(Стадион Лужники)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください