ミャンマー(ビルマ、以下ミャンマーで表記統一)旅行を計画していて、まずは食事の予習からということで行ってみたお店。場所は高田馬場駅から西武新宿線とJRのガードの間にある細い雑居ビルの1階。最初はどこから入るのかちょっと悩むような不思議なビルにある。

店名の由来はシャン州にある有名な湖「インレー湖」からとられていて、店内には大きなインレー湖の絵がかけられている。のどかでいいところだなあ・・と思ったのだが、最近はリゾート開発が進んできていて牧歌的な風景がなくなりつつあるみだい。どこも似たようなことが起きているな。

ミャンマービール。タイのシンハービールをさらに薄くした感じ
豆腐の揚げもの。ビールにあう。

で、ミャンマーの料理を調べて行くと、基本的に油っこいみたいで普段から食べるにはつらいな・・と思い、さっぱりとした地方料理のシャン料理のお店に行ったのだが、結果としては厳密にいうとこれはミャンマーの一般的な料理ではないんだなということである。

なんていうか、日本でいうところの沖縄料理みたいな位置づけ。雰囲気的にはチェンマイで食べてきた北タイ料理に通じるものがある。こういう文化のつながりって国境とは全然関係なくて(当たり前だが)、面白いなって思う。

カシューナッツの野菜炒め。高菜みたいなのが入っている。
豆腐料理。うどんみたい。
豚モツの炒め物。これもビールにあう。。

ということで、まあ広義のミャンマー料理だということで行ってみたのだが、このシャン料理というのは日本人の感覚にもあう美味しい料理スタイルだった。基本的にはさっぱりとしていて、川魚料理や味噌、豆腐などの発酵食品があったりと、ちょっと手が込んでいて面白い。

キワモノ的な虫料理なんかもあるのだが、ちょっと食べてみると別に普通・・というか塩味が効いていてビールにあう味だな。すごい食べたくなるわけじゃないが、食べてても別に構わない存在ではある。ということで、僕は普通に食べてた(写真はパスしておく・・)。

川魚料理
ソーセージ。北タイ料理と似ている。
豆腐料理。これもうまかった。

そのほか美味しかったのはシャンの豆腐料理。ひよこ豆から作られた豆腐は、コシのないうどんのようでもありちょっと不思議。味付けはそれほど辛くなく、なんかこう・・・スナック菓子みたいな味付けだった。揚げ豆腐はビールにあうおすすめの一品。店員さんのおすすめに従うと普通においしいものに出会える。

お店は日本じゃないみたいな不思議な感じはあるけれど、居心地が悪いということはなく、むしろアットホームで楽しい。シメはシャンのお酒(紹興酒みたいだった)を飲んでみたのだが、ううむ。これから行くミャンマー旅行が楽しみになってきた。

カエルのもも肉炒め
 ノング インレイ [Nong Inlay]
住所:東京都新宿区高田馬場2-19-7 タックイレブンビル 1F
時間:11:30 – 23:30
休み:年中無休
東京都新宿区高田馬場2-19-7

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください