エストニアのスーパーマーケットにいくとだいたい売っているKalevのチョコレートなのだが、これはエストニアを代表するチョコレートメーカーであり、タリンにもいくつかお店を出している。

スーパーでも買えるのだが、旧市街にあるKalev Marzipan Museum Roomだとマジパンに絵付けをしているところを見ることができたりする。そして、さまざまな種類のチョコレートを探すことができるので直営店にも行ってみるのがいいと思う。

クラシカルな店内
マジパンつくりをみることができる
帝政ロシアからの独立100周年記念チョコレート

僕が訪れた2018年はエストニアが帝政ロシアから独立100周年を迎える記念の年ということもあり、100周年記念パッケージのチョコレートを売っていた。

カレフは1806年に創業だというからエストニアの独立よりも古い歴史をもっている。あまり添加物をいれずに作られているチョコレートは甘すぎもせず上品で美味しい。

日本にはまだ進出してきておらずエストニア土産にぴったりだ。値段も手頃なのでばらまき土産もそうだし、自分用に買うのもいいと思う。

旧市街にあるKalev Marzipan Museum Room、カフェが併設されている

Kalev Marzipan Museum Room
住所:Pikk 16, 10123 Tallinn
時間:10:00 – 21:00
休み:不定休

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください