古いカメラを持ち歩いて小旅行した記録。東京湾に沿って進んでいる内房線で千葉よりさらに先にある竹岡駅へ行ってきた。電車は1時間に一本程度あるのでローカル線としては比較的本数が多い駅だと思う。

この駅の改札やホームからは東京湾を望むことができて、海の見える駅として有名なのです。とくにホームを渡る跨線橋から眺める風景はとてものどかで美しい。春の終わりあたりというかのどかな休日に行ったこともあり、すごく気持ちがいい時間を過ごせた。

駅に行きそして通りすぎる電車を眺めて、そして海を眺める。ただこれだけなのだが、日本の春みたいなものをどーんと感じることができるのです。空を舞うように飛んでいる鳶がまたよいのだよなあ。

内房線「竹岡駅」にやってきた
ちょうどいいタイミングで電車がやってきた、降りる人はまばら
そしてまた去って行く
跨線橋の上からは東京湾がよくみえる
駅前の風景、どこまでものどか。

手近に訪れることができて、ちょっとした旅を感じることもできる竹岡駅で過ごす時間、結構おすすめです。ちなみに、千葉のご当地ラーメンとして有名な竹岡式ラーメンはこの駅からだと徒歩圏内にはなくて、ラーメンを食べる場合には隣の駅に行く必要があります。

竹岡駅(内房線)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください