前から気になっていた、浅草の国際通り沿いにある龍圓という中華料理店に予約が取れたので行ってきた。つくばエクスプレスの浅草駅からはすぐ近くにあって、浅草ビューホテルのほぼ隣みたいな場所にある。通りをはさんだ反対側にはかき氷が有名な鯛焼き屋である浪花屋もみえる。メトロの浅草駅からは結構歩くのだがまあいい散歩といったところか。

メニューはコース料理のみで、6,000円か12,000円の二種類。これにシメの麺料理をキャビアの冷製麺に変えると+3,000円というシンプルな構成。予約時に苦手な食材ありますか?って聞かれるのだが、全くないのでそのままの6,000円のコースをいただくとする。

龍圓
エスプーマのピータン豆腐
龍圓
魚介類とチーズの老酒漬け
龍圓
よだれ鶏

お店はコンパクトでぱっと見はすごいレストランには全然見えない。店内もシンプルでテーブルに白いテーブルクロス、おしぼりはトレーに載せずに直置きでくれる。余分なものをそぎ落としたシンプルさって感じだ。

料理は中華料理でたしかにその通りなのだが、なんだかまったく違うジャンルの料理のようでもある。最初に出てきたのはピータン豆腐なのだが、豆腐をエスプーマで出しているので、豆腐なのにクリームっぽい食感で底にピータンがいる感じ。味はたしかに中華料理なのだが、見た目や食感はかなり斬新。

龍圓
トウモロコシの天ぷら
龍圓
サマートリュフかに玉
龍圓
和牛モモ肉と季節野菜の炒めもの
龍圓
豚バラ肉と鶏団子のスープ

よだれ鶏もたぶん低温調理された鶏の胸肉を丁寧に調理してつくられていて美味しい。春巻きもまた季節の野菜が入っていて揚げ立てを食べるのがまたよかったなあ。シンプルだけど素材の美味しさを感じられる。

ピータン豆腐と同じくらい斬新なのは、かに玉のトリュフがけという料理。たしかに卵料理にトリュフって最高の組み合わせだけど、それを中華料理のかに玉にかけてくるとはという驚きがある。しかし、食べてみるとこれが美味しい。なに料理?て聞かれると「中華料理」なのだが、トリュフの香りがいままでの料理とは違った解釈があり、外で美味しいもの食べるってこういうことだよなあとしみじみ思うわけです。

龍圓
汁なし担々麺
龍圓
デザートは杏仁豆腐とメロン

メインに出てきた牛肉と野菜の炒め物もシンプルで美味しい料理だし、この新しい感覚の料理とシンプルなものを組み合わせて出してくるのがまた食べていて楽しくなる。

〆の料理は汁なし担々麺。ここまでわりと優しい味付けの料理が続いてきたところに、がっつりちゃんとした中華料理が出てきて、これがまた美味しいのです。すごく食べたなあという満足感がある。季節によってメニューの内容が少しずつ変わるということでまた違う季節に雇用かなと思えるレストランだった。

龍圓
住所:東京都台東区西浅草3丁目1−9
時間:12:00 – 13:30, 18:00 – 20:30
休み:不定休

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください