腰掛庵のかき氷を食べて満足して、鶴岡方面まで向かおうかなとも思ったのだが、はやめのお昼にt天童の市街地でみつけた蕎麦屋さんに行ってみることにした。

山形は蕎麦街道なるものがあるくらい蕎麦屋さんが集中していてどこもレベルが高い。天童だと、あらき蕎麦の板そばが有名だけど、今回訪れた「竹蔵蕎麦 やま竹」は洗練された蕎麦を出すお店だった。

お店は天童の街中にあってお店の前に駐車場を何台かとめるスペースがある。訪れたときは並んでいる人はいなかったのだが、出る頃にはかなりの行列になっていた。どうやら地元でもちょっといい蕎麦を出す人気店みたいだ。

お店の入口
すだち蕎麦にウニのせ

ここで有名なのはすだち蕎麦で、季節によってはそこへウニを載せたちょっと贅沢なバージョンもある。ということでウニのトッピングをお願いしたのだが、たしかにウニが載った蕎麦は美味しいけれど、見た目のインパクトの方が大きくてそこまで変化はないかも。

むしろこのすだち蕎麦自体がすごく美味しい。薄くスライスしたすだちが敷きつめられていて涼しげな見た目は夏のランチにちょうどいい。よく冷やされた蕎麦で最後にオリーブオイルを少しいれて食べるとかおしゃれなアレンジもあったりする。

天童にしてはちょっといい値段ではあるのだが、細打ちで洗練された蕎麦は美味しかったなあ。安定したクオリティを感じるので、なにを食べるか迷ったらここに来るかもしれない。

竹蔵蕎麦 やま竹
住所:〒994-0012 山形県天童市大字久野本1丁目3−6
時間:11時00分~14時30分
休み:水曜日

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください